トップ >  YUCASEE コラムニスト >  一点悦楽主義の旅 >  世界を巡るポートレイトの巨匠が撮る

世界を巡るポートレイトの巨匠が撮る

さくら
さくら
旅とライフスタイルについての著述・編集をしています。旅先で、文化、食べ物、スパ、アウトドア、ローカル・ショッピングと、ただ高価だからではなく、価値ある魅力やお店を発掘するのが大好き。私にとっては、旅を豊かにしてくれる妙薬のお酒も欠かせません。


ベンジャミン・リー氏
ベンジャミン・リー氏
 その人の内面を映し出すようなポートレイト、世界中のセレブを撮影するフォトグラファー、ベンジャミン・リー(Benjamin Lee)氏の写真展「THEATRE of the FACE」の最終日で、東京アメリカンクラブの「FREDERICK HARRIS GALLAERY」へ。

 彼とはParis Photoの取材のときにご一緒させていただいたご縁です。被写体となっているのは、三宅一生や坂本龍一、安藤忠雄やフィリップ・スタルクといったアーティスティックな人達、コン・リーや山口小夜子といった世紀の美女達、そしてカンヌ映画祭や香港中国返還などその時を切りとったような写真も。

 中国で生まれ、カナダのトロントで育ったリー氏は74年からロンドンで活動。多くの著名人のポートレイトや広告写真を手がけ。英国デザイン・アート・ディレクション賞を2度受賞。現在、拠点を日本に移して雑誌『Pen』での連載はじめ雑誌や広告の分野で活躍されています。


 彼のポートレイトは、撮られる人の個性に合わせて、被写体を彼独特の不思議な空間に連れ出すよう。普段は会員のみしか入れない東京アメリカンクラブ。50年以上に及び会員でアーティストでもあった故フレデリック・ハリス博士を偲ぶ、由緒あるギャラリーで、ベンジャミン氏その人から、撮影のときのエピソードなども伺いながら写真を拝見しました。




 パリ、NY、ロンドンそしてメキシコや中国など世界を撮影のために巡り歩いているベンベンジャミン氏ですが、テーマは人、ポートレイトです。聞けば、依頼をされれば個人のために撮影をされることもあるそうで、ホームページからの問い合わせで経営者の写真を撮ることも。世界のセレブリティの写真と肩を並べるような、自分の写真というのも1枚、生涯の思い出によいかもしれません。(問い合わせ:http://www.benjamin-lee.jp/)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする