トップ >  メイク・マネー >  東電会長人事、「民間はあきらめる」の声も?

東電会長人事、「民間はあきらめる」の声も?

 東京電力の総合特別事業計画の策定が予定の3月を過ぎて、さらには4月月内の取りまとめも危ぶまれる事態になっている。最大のネックとなっているのは、トップ・勝俣恒久会長の後継人事。元々、財界人脈の弱い現在の政府では、堂々巡りを続けるとの見方もあり、一部には「もう民間はあきらめる他にないのでは?」との声も挙がるほどだ。東電の責任はもとより、政府の責任問題にも波及しそうだ。

議決権よりも会長人事


勝俣恒久会長
衆院予算委員会で自身の進退について答弁する勝俣恒久会長
 総合特別事業計画の大きなポイントは2つだった。一つは公的資金注入の度合いで、まさに株式議決権のイニシアチブを東電が握るか、政府が握るかの戦いだったのだ。そして、もうひとつが勝俣会長の後継トップ人事だった。

 「会長人事は早くから手を付けていたのですぐに片付くと考えられていました。ただ、候補に挙げた人には皆断られたか、正式な打診まで行かなかったのか? 今はお願いも2周目に入っている人もいるかもしれません」と全国紙記者は言う。

 民主党とも縁が深い京セラ創業者でJAL会長の稲盛和夫氏。東電の応援団である葛西敬之JR東海会長、経団連仲間である三村明夫新日鉄会長や、奥田碩元トヨタ自動車社長。あるいは丹羽宇一郎元伊藤忠商事会長(現・駐中国大使)たちの名前が挙がっていた。

 国の未来さえ大きく左右するほどの、イチ企業のトップ人事だけに、超豪華メンバーである。しかし「単なるイチ企業の立て直しという簡単なレベルの話ではありません。経営再建というより、補償、事故収束、エネルギー問題などを長期に渡って、内外から責められながらも文句を言わずに続けていかなくてはいけません」(同)というのは共通認識だ。

 そんな中で今月に入り、枝野幸男経産相が会見で「打診をしたのは一人」と明らかにしたのだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする