トップ >  メイク・マネー >  日弁連会長選、3カ月の「不毛な戦い」

日弁連会長選、3カ月の「不毛な戦い」

 日弁連会長選挙の再選挙が4月27日行われ、山岸憲司氏(64)が、現職の宇都宮健児氏(65)を破り、初当選を果たした。2月に始まった会長選挙も再投票、さらには今回の再選挙へと至り実に約3カ月を費やす長期戦に。果たして、どれほどの意味があったのだろうか?

過去最低の投票率は何を物語る?


日弁連
日弁連などが入る弁護士会館
 選挙は宇都宮健児、山岸憲司、尾崎純理、森川文人の4氏が立候補。最初の投票が2月に行われたが、当選の2要件(最多得票、3分の1以上の弁護士会が支持)を満たす候補はなく、宇都宮、山岸両氏の再投票が3月に行われた。それでも、決着がつかず今回4月27日でようやく決着がついた。ここまで約3カ月という長い道のりだった。

 激戦ではあるが、30代の弁護士(東京)は「当然、行くつもりでしたが、(仕事が多忙で)結果的に行けませんでした」と語った。

 また、別の30代弁護士(同)は投票については「ノーコメント」としながらも、「お互い主張は同じで、違うのは組織選挙をしているかどうかだけでは…」と語るなど内部、とりわけ若手の受け止め方はひじょうにクールだ。

 まるで、51.1%(仮集計)という、過去最低の投票率がそれを物語っているかのようだ。もちろん、前向きにとらえれば? 仕事が多忙であるということも大きな理由だとは思うが…。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする