トップ >  メイク・マネー >  若手大量流出の東電、ついに「実力主義」導入

若手大量流出の東電、ついに「実力主義」導入

 東京電力が1年間で400人以上の社員が退社し、例年の約4倍に上るという危機的な状況にある。しかも、20、30歳代の若手が去っていくというから、よほど深刻だ。人材流出を食い止めるため、東電は「年功主義」から舵を切り「実力主義」を拡大することを決めた。しかし、業界からは、昨日の今日で変われるはずがない、と危ぶむ声が出ている。

最後の晩餐


東電本店
東電本店
 東京・銀座のクラブ。夜の街への出動を自粛していた東電社員らしき姿が見かけられたという。目撃したホステスによると、若い社員同士が送別会の2、3次会ふうだったという。あるホステスは「(東電社員が)会社から『行かないように注意されている』と言っていました。(名刺は)もう来ないから整理して使わない方に分類し直しています」という。

 「戒厳令」の中で夜の銀座に出没。これこそ、まさに最後の晩餐なのだろうか? 昨年度だけで400人超の社員が流出した、ことが明らかになっている。それは例年の約4倍になるという。社員数が5万人を超えるため、約1%にしか過ぎないが、これからの社を担う存在である20、30歳代が辞めていくのだというから、これはひじょうに深刻だ。

 電力業界関係者は「社員数の多さに比べれば、辞める人は少ないです。止むをえない事情がある人や、若い人だと寿退社とか、そんなところです」という。

 東電の総合特別事業計画の中に「年功要素を縮小し、実力主義を徹底」「若手人材登用の機会を拡大する」と書かれているのだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする