トップ >  ニュース >  JPモルガンの損失で問われるもの

JPモルガンの損失で問われるもの

 JPモルガンが巨額の損失を出すに至った背景には、第一に規模の問題がある。2008年のベア・スターンズとワシントン・ミュチュアル等の買収に伴い、同行のチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)のポートフォリオは2007年の765億ドルから2011年には3,560億ドルに跳ね上がった、とNYタイムズが報じている。CIOのリスク・エクスポージャーも上昇した。

 各部門にわたる全体のリスクは非常に大きいため、それらを相殺するには巨額のヘッジが必要となる。しかし、ロイターによると、実際には潤沢な流動性や高いヘッジ能力を提供できる市場や金融機関は少ない。

 次に、リスクをヘッジする部門で損失が発生したこと。CIOの目的は資産と負債のミスマッチの金利リスクをヘッジすることである。過去三年間でCIOは同行の利益の10%を稼ぎ出す収益センターとなっていて、2009年には同部門の純利益は前年の15億ドルから37億ドルに急増した。

 3番目に、リスク計測モデルの問題。ロイターによると、米証券取引委員会(SEC)による調査はリスク計測モデルに重点が置かれる。JPモルガンは2012年1~3月期の一日のVaRを6700万ドルとしていたが、これをほぼ倍の1.29億ドルに修正して銀行がより大きなリスクをとれるようにした。ジェイミー・ダイモンCEOはリスク計測モデルの変更が不適切であったと述べている。

 4番目にリスク管理の問題。JPモルガンがCDS指数の巨額の売りポジションに対して、十分なリスクヘッジを採っていないとみた複数のヘッジファンドが買いを入れて相場の下落を阻止し、CDS指数の引き上げに動いたことが、JPモルガンの巨額の損失を招いたといわれている。

 問題はマーケットに比してポジションを取りすぎたことであろうが、トレーダーの個人の判断で行われたのか、幹部の合意を得て行われていたのかが問われそうだ。

 最後に、銀行規制の強化に向けた動き、ボルカー・ルールの施行に影響を及ぼす可能性が懸念される。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする