トップ >  YUCASEE コラムニスト >  一点悦楽主義の旅 >  オーストラリアのラグジュアリーロッジへ 第3回

オーストラリアのラグジュアリーロッジへ 第3回

さくら
さくら
旅とライフスタイルについての著述・編集をしています。旅先で、文化、食べ物、スパ、アウトドア、ローカル・ショッピングと、ただ高価だからではなく、価値ある魅力やお店を発掘するのが大好き。私にとっては、旅を豊かにしてくれる妙薬のお酒も欠かせません。

 オートラリアのエクスクルーシブな体験、ラグジュアリーロッジの2軒目は、以前に仕事で何度か訪れたメルボルンの郊外、車で西へ約1時間半、アンティークな感じがチャーミングなデイルスフォードDaylesrfordの町から程近いLake Houseです。(公式HP: http://www.lakehouse.com.au/)日本語の案内はこちらhttp://style.qantas.jp/luxury/gallery/lakehouse.php)。



ミネラルウォーターが湧き出る泉が80もあるという緑いっぱいのエリアに建つ、このラグジュアリーロッジの一番の特徴は、美食とスパ。オーナーであるAlla・Wolf・Taskerはオーストラリアで有名なエグゼクティブシェフの一人。1984年にここデイルスフォードにオープンしたレストランLake Houseが人気を呼び、アーティストでもあるご主人と二人、ホテルを開くに至り、今やメルボルンの美食家達が贅沢に休日を過ごすならここと評判のロッジになったのです。そしてワイン・スペクター誌の2011年BEST OF AWARD OF EXCELLENCE
に輝き、セラーには一万本のワインを持つという、ワイン好きには垂涎の場所。私の部屋からは広大な敷地とその名のとおりの湖が見えました。ワライカワセミがテラスを訪れ、野生のカンガルーもいるという自然の中の美食の楽園という感じ。しかも、アンティーク店や古本、カフェなどがあるかわいいデイルスフォードの町までもお散歩気分で歩いて行くこともできます。






 ロッジのあちこちにはご主人の絵やローカル・アーティストの作品が並び和みます。ラグジュアリーであっても気取りがなく寛げるのがオーストラリアのロッジのよさ。ディナーはクリスピーなワンタンとのコンビネーションがおいしいSashimiの前菜と、ダックとフォアグラをボールにした揚げたものをメインに選びました。デザートは季節の果実、マルメロが。ジャムにされたりもしますがやわらかな甘みの不思議な味。女性の給仕もたくさんいて実にきびきびと働いて、気持ちよいサービスをしてくれます。お部屋に戻り、ジャグジーに入って、ゆっくり旅の疲れを癒します。






 翌日は、車で丘にある気軽なカフェWOMBAT HILL HOUSEへ。温室を改造したかわいい造りで、地元の人に大人気。ランチ時はいっぱいです。ピザやヒヨコマメのサラダも、とにかく野菜がおいしい。Lake Houseとまた違う、カジュアルなテイストは地ビールとぴったりでした。さて、その後は、楽しみにしていたスパ・エクスペリエンス。まず、コンサルティングがとても丁寧、そしてセラピストが全員きれい!英国の高級スパブランド、エレミスを使用していますが、これはオーナーが世界を旅していて、エレミスに惚れ込んで選んだそう。そしてミネラルウォーターを使ったバス・プログラムもあります。私は、ちょっとこの水を口に含んでみたのですが、ものすごくミネラル分があって鉄のような味がします。美食、ワイン、スパとラグジュアリーステイの条件が揃ったLake Houseは、ただゆったりと滞在して自分を甘やかす週末にぴったりのロッジでした。






 さて、短いながらシドニーのカフェやモダンな街並みと海、そしてチャーミングなバトラーサービスとシェフガーデンからのメニューが最高だったPretty Beach House、そして美食とスパに身をゆだねるLake Houseと満喫したラグジュアリー・ロッジズ・オブ・オーストラリアの旅。時差による疲れもなく、オージーの気を張らないサービス、そして自然に囲まれた環境が最高に贅沢だと思いました。

 メルボルンから帰国の途につく最後に、ワンワールド・エメラルド会員とファーストクラス旅客だけが利用できるカンタス航空のファーストクラブ・ラウンジを使いました(カンタス航空と会員提携についてはqantas.comを参照)。まるで宇宙船を思わせるような広々としたラウンジ。モダンなデザインですがそこはオーストラリア、ウッドをふんだんに使ってナチュラル感もあって落ち着きます。



 そして、ここでのお楽しみはカクテルで、バーテンの方がマティーニを作ってくれました。スパ・サービス(残念ながら私の出発時間にはクローズ)もあり、オーダーしてから出してくれる食事もおいしくて、上質なホテルのよう。









今回、短期なのに本当に寛いだ楽しい旅だったので、オーストラリアの次回の行き先を、このラウンジのPCで見たりしてしまいました。ますますおいしさに魅了されたオーストラリアワインの産地を、オーストラリア政府観光局のHP(http://www.australia.jp)にあるテーマ別の旅計画で調べたり・・・・・・。オーストラリアは広い。ラグジュアリーロッジも、ワイナリー、エアーズロック近くのテントロッジ、野生動物の宝庫、世界遺産の熱帯雨林の島など、心ひかれるテーマばかり(http://style.qantas.jp/luxury/)。帰国するというのにもう次を探す、そんな気分にさせられたラグジュアリー満喫の旅でした。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする