トップ >  メイク・マネー >  1億円を一晩で稼いだプロ愛人の手口(1)

1億円を一晩で稼いだプロ愛人の手口(1)

その1・ターゲットの見つけ方、その人の愛人になる方法
 詐欺罪や殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)に死刑判決がさいたま地裁から言い渡された。過去には会社経営者・学者・医師・弁護士などといった地位の高い愛人が20人弱もつき、月に150万円もの高収入を得ていたという。今回、ゆかしメディアは、若干25歳にして愛人歴10年、稼いだ額は1億6000万円というスゴ腕の「プロ愛人」に接触し、そのテクニックを聞いてみた。

月300万円が足切りライン

 彼女の名前はユリエさん(仮名)。身長は153センチ、華奢な体型ながら抜群のスタイルを持つが、顔に関してはいたって普通。メイクも控えめで仕事帰りのOLといった雰囲気である。

 ―なぜ愛人になろうと思ったのか?

ユリエさん
ユリエさん
 ユリエ「何でって、1番お金になるから。母が『人間は裏切るけれど、お金は裏切らない』『男から金を取らなくちゃ、生きていかれない』という考えだったからですかね。姉も愛人をしているんですが、高校卒業後からは某実業家に囲われているんですよ」

 ユリエさんの最初の愛人は、バイト先の飲食店経営者だった。勤務日数を増やしてほしいという経営者に対し、「アメリカで手術をしなければならない難病持ちであり、手術代を貯めるためにバイトをしているのでこれ以上勤務日数は増やせない」と断った。普段から病弱を装い、貧血で倒れたフリをしたりしていたため、経営者はその言葉をすんなりと信じ、300万円もの大金をユリエさんに渡したという。

 この300万円という額が、ユリエさんにとっての「愛人業における成功OR失敗のボーダーライン」となった。つまり300万円注ぎ込めない男は、ショボい客として認識するということだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする