トップ >  クオリティライフ >  「日本にこんなワインがあったのか」~鳥居平物語~(2)

「日本にこんなワインがあったのか」~鳥居平物語~(2)

 

(第2回)「極上のワイン『鳥居平』誕生の秘密」

経済ジャーナリスト 湯谷昇羊

 私が訪ねた勝沼町は甲府盆地の東端にあり、日本1のワイン生産量を誇る。JRの「勝沼ぶどう郷」駅からタクシーに乗車して5分ほどで『鳥居平』を醸造している「シャトー勝沼」に到着したが、その背後にそびえている山が勝沼のシンボルともいえる柏尾山である。この地では実に1300年も前からぶどうが栽培されてきており、日本固有の品種「甲州」もここで誕生している。その南西に面した斜面70ヘクタールのぶどう畑を地元では鳥居平と呼んでいる。

実はぶどう栽培にも適さない土地


鳥居平
鳥居平の風景
 『鳥居平』とはもともと土地の名前だったのである。毎年10月の初めにぶどうの収穫が無事にできたことを感謝して、100年以上も前から収穫祭が行なわれている。このとき柏尾山の中腹では、京都の大文字焼きのように鳥居を形どって山を焼く。そこから鳥居平と呼ばれるようになったようだ。

 標高約500メートルの斜面に位置する鳥居平の土壌は、礫(れき=小石)混じりの粘土質で水分の吸収が悪く、水はけがよく保水率が低いという特徴がある。つまり痩せた土地で、ぶどう以外の作物の栽培には不適格の土地なのだ。ぶどう以外といったが、実はぶどうの栽培にも適していない。

 例えば近くの石和地区の場合、地下水が上まで来ており砂混じりの土地であるため、肥料を与えるとぶどうが大きく根を張り、肥料を吸収してたわわに実るぶどうがたくさん収穫できる。これに引き換え鳥居平はというと、痩せ地のためぶどうの粒張りが悪く収穫量も少ない。このため鳥居平は、長くぶどう栽培に適さない土地であり、当然、ワイン用のぶどうにも適さない土地だと思われてきた。 
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする