トップ >  クオリティライフ >  バッジとペンを握って死んだ男

バッジとペンを握って死んだ男

大阪では通じない東電会見

 日隅さんは、産経新聞大阪本社の社会部などで記者。退社後に弁護士として98年から東京第二弁護士会に登録した。大阪の社会部と言えば、新聞業界内では最も激しい戦場としても知られる。日隅さんが記者時代に培った戦い抜く力と、弁護士としての厳しい追求力は、東電の会見では際立っていたといっても良いだろう。


東電
東電の記者会見、謝罪する当時の清水正孝社長(中)
 ただ、それと同時に気になるのが、全国紙などの記者の追求の甘さや、変な「気遣い」だった。こうした現象について、日隅さんが的確な分析をしていた。

 「東電のような会見を大阪でやっていたとしたら、おそらく怒号が飛び交うでしょうね。ふざけんな、お前がダメなら別なやつ連れてこい、連れてこないなら、俺が上に行くぞという風にね。自分も必ずそうだったです。それは、時代がそうさせたのか、西という文化がそうさせたのか」

 トップが迂闊な言葉など吐こうものなら、関西の記者は絶対に許さない。2000年の雪印乳業事件では、当時の社長が「わたしはね、寝てないんだよ」と寝言を言ったが、すぐさま言い返されてタジタジになったこともあった。この程度はまだ軽い方で、記者会見の恐怖でメンヘルになったトップまでいるという後日談も聞くほどだ。

 「東という文化は、自分たちは官僚に対して取材をしているということ。官僚は国を治めているし、(記者と)同士の存在。言うなら、東京のメディアは立派なんです。しかし、大阪はまさに市民の目線でモノを言うわけですよ。だから、舐められたことを言うと怒るのです」

 取材対象と記者が同士。しかし、本来は正しいとは言えない。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする