トップ >  メイク・マネー >  パナソニック最悪の時期に100歳祝賀の創業者娘むこ

パナソニック最悪の時期に100歳祝賀の創業者娘むこ

 27日に開催されるパナソニックの株主総会に、昨年4月に完全子会社化された旧パナソニック電工と三洋電機の株主たちが何人出席するのか、注目されている。TOB(株式公開買い付け)に応じなかった人たちは、株式交換によりしぶしぶパナ株主となり、今総会で初めて出席する権利を得たからだ。果たして、辛らつな質問は飛び出すだろうか。

今年は大坪社長の『反省会』?


パナソニック
 三洋株をまとまって保有していた、ある70代の男性。「父から引き継いだ三洋株には未練があり、手放せず、結果としてパナソニック株になった。総会の様子を肌で感じたいので、出席する」と話す。

 旧パナ電工社員で、今年1月の吸収合併によりパナ社員となった40代男性も、株式交換によりパナ株を手に入れた。「当日は仕事が休めないので出席できないが、総会の様子は後でネットでも視聴できるので、すべてを見る」と決めている。

 両社の株式の交換比率は、パナ電工1株にはパナ株が0.925株、三洋株1株にはパナ株が0.115株だった。この株式交換でパナ株主となった両社の株主は何人いるかわからないが、「2社の株主だった人たちで、パナソニックの総会に出席したいと思っているひとは少なくないだろう」(証券関係者)とみられている。

 というのも、完全子会社化から1年、パナはシナジー効果を発揮するどころか、2012年3月期の連結決算で、約7700億円もの最終赤字を計上するにいたった。この結果、昨年4月1日に1058円だった株価は、今年6月20日時点で602円にまで下がっている。

 パナの大坪文雄社長は今年の総会後に退任するため、釈明を聞く最後の機会になり、株主の関心は高い。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする