トップ >  クオリティライフ >  「日本にこんなワインがあったのか」~鳥居平物語~(4)

「日本にこんなワインがあったのか」~鳥居平物語~(4)

(第4回)「ワインに生涯を捧げた今村のどん底からの出発」

経済ジャーナリスト 湯谷昇羊

 山梨日日新聞社の「ぶどう酒物語」(1978年発行)によると、日本で初めてワインの醸造を始めたのは甲府に住む山田宥教と詫間憲久という人物で、薩長を中心とした官軍と徳川軍の戦いの硝煙の臭いもさめやらぬ1870(明治3)年頃だった。この二人の共同醸造場が失敗に終わった明治9年に、殖産興業の名の下に甲府の舞鶴城趾に「県立葡萄酒醸造所」が建設され、翌年3月に完成している。

シャトー勝沼の歴史とは日本のワインの歴史


今村葡萄酒本舗
今村葡萄酒本舗
 一方、藤村紫朗県令の肝いりで民営法人「大日本山梨葡萄酒会社」が1877(明治10)年8月に設立されている。この年10月、西洋の醸造技術と醸造法の習得のため、勝沼村の優秀な青年、髙野正誠(25歳)と土屋助二郎(19歳)の二人をフランスのシャンパーニュ地方トロワ市に派遣した。農学者シャルル・バルテと醸造家の権威ピエール・デュポンに教わった二人が帰国したのは1年7ヶ月後の明治12年5月だった。

 シャトー勝沼の前身である「今村葡萄酒醸造場」が産声をあげたのは、このような時代背景における1877(明治10)年のこと。つまり、シャトー勝沼の歴史は勝沼および日本のワインの歴史そのものなのである。初代今村與三郎、1916(大正5)年に引き継いだ2代目今村米藏とも「ぶどうの栽培から醸造、販売まで、すべて一貫した手作り」にこだわった。

 父・米藏、母・ふさは女の子ばかり5人生み、6人目に待望の長男が誕生した。それが3代目当主の英勇で、1938(昭和13)年のことだった。しかし米藏は、英勇が小学校6年生のときに52歳の若さで逝ってしまった。英勇にはワイン造りの姿より、「勝沼農業協同組合」初代組合長として農業改革に奔走する米藏の姿しか記憶に無いという。だから英勇は父からワイン造りの薫陶を受けたことはない。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする