トップ >  クオリティライフ >  法改正で進む?ペットの「売り場ロンダリング」

法改正で進む?ペットの「売り場ロンダリング」

 この6月から動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)が変更になり、ペットショップでは午後8時以降の生体展示と販売が禁止となった。売れ筋が時勢によって刻々と変化するペット業界においてこの法律の一部変更は、特に繁華街のショップにとっては、かなりの痛手になっているようだ。早速、ペットの「売り場ロンダリング」が行われるなどしている。

ブームで一気に売り抜けろ


犬
 現在の日本には、一家に一匹以上のペットがいるケースもあり、子供(約1700万人)よりペット(約2200万匹)が多い(英デイリー・メール)と報道されるなど、海外からも注目を集めているほどの市場でもある。

 さて、ドラマ「マルモのおきて」でムックを演じたミニチュア・シュナウザー犬は体高30センチから35センチで、体重は平均6~13キロ、白、黒、グレーの毛質が剛毛のテリア系グループに入っている。街中では、よくこの種を見かけるようになったが、ドラマの影響は明白で、ブームに乗っかって一気に売り抜けようとするのがペット事業者でもある。

 ブームに便乗して一気に得ることが大切である以上、ペット業界は時間との戦いなのである。ある意味で投資、いや投機的という方が正解なのかもしれないのだ。つまり、営業時間を短縮されることは死活問題につながる。特に都市部にある夜間の繁華街の店舗は、それが顕著となる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする