トップ >  メイク・マネー >  「サイボーグ」化する老人、「姥捨山」と化した病院

「サイボーグ」化する老人、「姥捨山」と化した病院

患者を無視してでも治療せざるを得ない事情


サイボーグ
 このように患者/家族に苦痛を強いる事も多く、年金の半ば不正受給としても利用されている現在の終末期医療ではあるが、医療従事者側にも延命せざるを得ない事情がある。

 たとえ患者やその家族が苦痛を伴う医療に反対したとしても、医療の縮小は将来的に訴訟となるリスクが付きまとう。患者自身が意思疎通出来ない場合は尚更である。遠戚に至るまで親族全員の同意がなければなかなか医療の縮小を行う事は難しい。

 医療提供者側にとっても、医療を継続する事の方が遥かにリスクが少ないのが現実なのである。

 もちろん、病院経営の面から言っても医療を提供するに越したことはない。地方の病院には入院患者の平均年齢が90歳に達しているのではないかという病院も多数存在しており、病院と老人ホームを行き来させる終末期の医療行為が病院経営及び職員の生活の糧になっているのも事実である。

 「そうは言っても胃瘻を造らないと、自分が食べていけない」

 これが医師の間から漏れてくる本音だ。そして本人の意向とは関係なくいつ終わるともしれない「サイボーグ」としての日々がスタートする。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする