トップ >  クオリティライフ >  「日本にこんなワインがあったのか」~鳥居平物語~(5)

「日本にこんなワインがあったのか」~鳥居平物語~(5)

ヨーロッパの真似をしても日本に向かない

 ぶどうの栽培法も異なる。山梨県でもワイン用のぶどうは多くがヨーロッパと同じ垣根作りで行なっている。ぶどうの樹を垣根のように並べて育てる栽培法だ。これがワイナリーの主流で、「格好も良いし、絵にはなるが日本では向かない」と今村は言う。

 フランスやイタリアなどは雨量が少なく、ぶどうの根が広く張れない。だから垣根作りで栽培している。

 「日本は土地が痩せているといってもフランスなどより肥えているから、根も張れるし、葉も張れる。しかも雨量が少ないといってもヨーロッパなどと比べると雨量が多く、湿度も高い。だから棚作りが向いている。根と枝や葉のバランスが重要なのです」(今村)。棚作りとは、生食用のぶどう栽培のように棚に枝を這わせて栽培する方法だ。

 雨量が多く湿度の高い日本で風通しの悪い垣根作り栽培を行なうと、病害虫が発生しやすくなる。現に数年前、ベト病が発生してぶどうが全滅したことがある。このように今村は、”ワイン用ぶどうの栽培は垣根作り“という思い込みを疑い、栽培法にも工夫をしてみた。

 ヨーロッパの真似をしてみても、気候も土も違うのだ。それは「自分の身体で体験して覚えるしかない」(今村)という。

 赤用、白用ワインともぶどうは糖度17%以上のものだけを使用する。醸造法も白ワインの場合、甲州種の特徴を生かし、ソフトな香りと味を楽しむためにぶどうの圧搾率を下げ、フリーラン液(タンクの下口を開いて自然流出する果汁)を中心に仕込みを行なう。

 破砕した原料(皮、種、果汁)をタンクに入れ、独自のワイン酵母を加えて仕込み発酵。発酵が終わると圧搾し、その液を熟成タンクや樫樽に移し替えて熟成させる。熟成期間は赤が3~4年、白が2~3年で、以後瓶詰めにされ、ヴィンテージワインだと長期の眠りに入る。

 では、なぜ樽のまま長期熟成させないのか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする