トップ >  クオリティライフ >  菅直人前首相「死ぬ場所に行けと言えるか?」

菅直人前首相「死ぬ場所に行けと言えるか?」

「60歳以上(の幹部)は死んだっていい」の真意

 「首都圏から3000万の住民が避難しなければならないことも十分ありえると感じたわけです。東電、自衛隊、警察、消防の現場で命を賭して頑張ってくれたことが、結果として紙一重のところで原子炉に水が入って温度が下がり、幸い最終的にはそういう事態にはならないですみました」

 事態はもっと悪くなる可能性もなかったわけではない。だが、最悪という事態になった際にはどのような意思決定をしなければならなかったのだろうか。また、菅氏は実際には何を考えていたのだとうか。

 「チェルノブイリでは多くの軍人に出動命令が出たと言われます。セメントを原子炉に放り込んで石棺を作り、その過程で数千人の軍人が命を落としたという報道もあります。出かけて行けば必ず死ぬということが確実な場所に、そういう所に誰かに行ってくれと言えるかどうか、本当に命令できるかずっと考えておりました。その決断はしないで済みました」

 15日未明に東電本店に乗り込んで、東電の勝俣恒久会長(当時)らに、自身も含めて60歳以上の幹部は死ぬ覚悟で現場に行く可能性を述べた。こうした行動の裏にはそのような考え方があったからだ。

 「総理として、そういうことを経験し、180度と言ってもいいくらいに原発に対する考え方が変わりました」と菅氏。新人議員時代は再生可能エネルギーを指示。しかし、国策でもある原子力発電については、受け入れざるを得なかったようだが、また新人時代に立ち返った。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする