トップ >  メイク・マネー >  大学は運用でなぜ大損したか

大学は運用でなぜ大損したか

「正体不明の取引」

 為替デリバティブとは、為替相場の変動による損失を回避するための外国通貨に関する取引。取引の契約条件では、為替が一定の範囲内に収まっていれば、買い手側(大学)が受け取る金額が多くなるが、急激な円高に振れてしまうと、買い手側が大きな損失をこうむることになる。

 大学側は「それまで取引していたデリバティブ取引を比較しても想像を絶するもので類例がなく正体不明の取引」と訴状の中で主張している。後から「正体不明」と呼ぶ物に対して、駒澤、愛知の両大学ともに米ドル物と、豪ドル物で20年以上の長期契約を結んでいるのだ。それぞれ追加担保を入れて、最終的には解約の違約金は数十億円に上っているという。

 「大学の運用は理事会の委託を受けて経理課長が現場の責任者としてやっています。ただ、普段は入試の検定料を計算したりする経理事務の責任者です」(前出職員)だという。さらに「私立大学というのは、意外に業界としての横のつながりがあまりありません。営業マンに『●●大学さんもやっていますよ』などと言われると、背中を押されてしまう可能性はありますね」と続けた。

 多くの大学は為替デリバティブに投資する前に、債券のデリバティブを行っていた場合も多いようだ。利益が出ていたために、似たようなものと思い込んでしまったのだろうか。それまでの安全確実な運用方針を守るリスク感覚は、麻痺していたのかもしれない。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする