トップ >  メイク・マネー >  大学は運用でなぜ大損したか

大学は運用でなぜ大損したか

 2007~08年にかけて、金融派生商品(デリバティブ)で巨額の損失を被った大学が数多く現れた。よほど傷跡が大きかったのか、今年に入ってから相次ぐ訴訟。勧めた金融機関に「適合性の原則」の認識が欠けていた、と言われる一方で、また、本業の学問の収益を補う形で投資に走り、存亡の危機にまで陥った学校側の意識も甘かったと言えよう。ここでは、なぜ巨額の損失を出したかを振り返ってみることで個人投資家の教訓としたい。

学生数減、超低金利が背景



 2007~08年にかけて多くの大学が「為替デリバティブ」という名の「魔物」に足を取られた。大きな損失を出した後は、脱出するには多額の証拠金を支払わなければならず、複数の有名大学が苦しんだ。

 今年に入り、駒澤大学、愛知大学が金融機関を相手取って次々と訴訟を起こしている。駒澤大の場合は、為替デリバティブ取引による資産運用に失敗して150億円以上の損失を出し、UBS、BNPパリバ証券、ドイツ証券を相手に約170億円の損害賠償を求めて訴えを起こした。

 関西のある有名私大の職員は「学生数減に加えて、運用でも低金利が長く続いていたので、だんだん債券などに投資をしていくようになっていったのは事実です。ただ、運用方針として株式投資などをすることはできないので、ここまで損するとわかっていれば投資していたでしょうか」と話す。

 各大学を見ていると、その為替デリバティブだが、最初は利益が出ていたのだ。それも月あたり数百万円単位のため、安心していた。しかし、2007年から事態は急変した。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする