トップ >  YUCASEE コラムニスト >  世界遺産を巡るお薦めコースと旅の情報 >  写真で届ける世界遺産(ポルトガルその7、詩人バイロンが「この世のエデン」と讃えた

写真で届ける世界遺産(ポルトガルその7、詩人バイロンが「この世のエデン」と讃えた町シントラ)

MR.世界遺産
MR.世界遺産
世界遺産巡りを趣味とするIT企業の会長です。出張や観光で海外の遺跡を数多く見てきましたが、中世ヨーロッパの石の建造物に魂を揺さぶられるような感動を受けることがあり、今は世界遺産を中心に旅をしています。既に世界遺産936件中、154件を訪問しましたが、うち126件がヨーロッパです。今後も旅を続け、世界遺産の魅力をお伝えできればと思います。

 シントラはポルトガル初代国王アフォンソ一世が、12世紀にイスラム教徒から奪回した町。以後、夏の離宮が置かれ、緑の山中に貴族や金持ちが移り住みました。

 シントラまではリスボンのロシオ駅から列車で40分ですが、シントラの駅からバスにも乗るので、全ての乗車がフリーになる12.25ユーロのリスボンカードを買うのがお得です。シントラ駅から15分毎に出るバスに乗ると、最初が「ムーアの城跡」です。


 7~8世紀にムーア人によって築かれた城ですが、現在も残っているのは城壁だけ。城壁の塔に登るとシントラの街が一望できますが、登り道はかなり険しいので、覚悟して登って下さい。


 ムーアの城跡から、次のペーナ宮殿はバスで一駅ですが、歩いても15分程です。イスラム、ゴシック、ルネッサンス、マヌエルの各様式を寄せ集めた結果、このような外観となりました。まるで建築様式の百貨店みたいな宮殿です。


 バスの停留所は下のビジターセンターにありますが、宮殿は高いところにあるので、さらに小さなバスに乗換えて宮殿の入口まで乗って行きます。


 フェルナンド二世がドイツから建築家を呼び寄せて造らせた宮殿は、まるで「おとぎの城」でした。


 内部には女王の部屋、サロン、礼拝堂、中庭などがあり、19世紀のポルトガルの繁栄を今に伝える装飾品や家具が展示されています。


 再びバスで移動して、14世紀にジョアン一世によって建てられた王宮に到着しました。



 ここには絢爛豪華な室内装飾が多くあります。写真は天井に描かれた27羽の白鳥が、それぞれ違ったポーズをとる「白鳥の間」です。


 そして狩猟の光景を描いたアズレージョで囲まれた「紋章の間」。


 他にも「アラブの間」「中国の間」や、広い台所もあり、見どころ満載の宮殿でした。

 シントラの世界遺産を一通り廻って、リスボンに戻る方法もありましたが、ここからはユーラシア大陸最西端のロカ岬が近いので、バスで行ってみることにしました。


 ポルトガルの詩人カモンイスが詠んだ、詩の一節がこの石碑に刻まれています。
(Onde a terra acaba e o mar comeca)「ここに地果て 海始まる」。


 ユーラシアの西の果ては、とにかく風が強いです。景色はいいのですが、風がきつくてブラブラと散歩することもできず、帰りのバスを待つ時間は、ずっとCAFEで暖まってました。


 ロカ岬は世界遺産ではありませんが、シントラ経由のロカ岬というのはリスボンからのエクスカーションとしてお薦めです。ちなみにシントラは1995年に世界遺産に指定されました。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする