トップ >  ニュース >  今週の週刊経済誌ランキング

今週の週刊経済誌ランキング

 今週の経済誌では多くの非常事態が宣言された。まずはシャープ。『週刊ダイヤモンド』は非常事態と銘打って、この会社の現状を分析している。しかも、奥田社長のインタビューを特集とは別に。これは、最後まで綱引きがあり、渋っていたシャープを説得し、もう入稿が始まってから、急遽他の記事を飛ばして入れたものだと想像される。奥田社長の話は建前に終始していたが、これが今週の第1位。

週刊ダイヤモンド … シャープ非常事態
週刊東洋経済 … スマホ
日経ビジネス … 食料非常事態宣言
週刊エコノミスト … 宗教と経済


 ◆第1位 週刊ダイヤモンド シャープは異常事態? 非常事態?

 タイトル通り、中身は大変で「『資金繰りの逼迫』、『本業の巨額赤字』、『“救世主(鴻海)”との不協和音』という“三重苦”により」経営危機が表面化しているのだ。株価は危険水域に入り、ことは逼迫している。  シャープの経営危機に焦点を当てたのは『週刊ダイヤモンド』だけではない。『週刊東洋経済』も「崖っ縁! シャープ」というタイトルで雑誌冒頭に緊急特集を組んだ。

 ダイヤモンドは、特集ページ以外に、やはり雑誌冒頭にシャープ社長・奥田隆司氏への緊急特別インタビューを掲載。奥田氏は「鴻海グループとの戦略的提携で必ず経営再建をやりきる」とアピールする。何とかプラスの情報を投下したいシャープと、ダイヤモンド編集部の思惑が一致した渾身の緊急インタビューだろう。

 第2位 週刊東洋経済 ステイに白ロム、VoIPも。これ何のこと?

 通信料を賢い選択と技で少しでも安くする……そんな実用的な特集だ。メインは「“知らなきゃソンする”賢いスマホの使い方 9秘策」。たとえば「秘策1 ドコモユーザーの7割は『ドコモステイ』が賢明」「秘策3 キャリアを乗り換えた方が安上がり」「秘策5 いま機種変したい! 『2年縛り』が耐えられない!! 白ロムという選択肢も」「秘策7 通話が無料に『VoIP』を完全活用」など。

 第3位 日経ビジネス 不安定な日本の「食」
 「爆食」と言われる中国の食糧需要の急拡大、さらには夏の世界の穀倉地帯を襲った大干ばつで、米国などは小麦、大豆、トウモロコシが壊滅的な被害を受けた。9月以降、穀類の調達不調、価格高騰が日本でも表面化するだろう。これは一過性のものではない。この危機が、海外からの穀物輸入に依存し、不作為を繰り返してきた日本の根幹を揺るがそうとしている。

 第4位 週刊エコノミスト 宗教の視点で考える経済
 「宗教と経済」。世界の動きを読み解くには宗教の知識が不可欠だ。政治、社会はもちろん
のこと、経済活動も例外ではない。欧州危機がより深刻なのは、ギリシャ、スペイン、イタリア、ポルトガルといった、キリスト教圏のなかの非プロテスタント国だ。一方でリーマンショックを起こしたのはプロテスタント国アメリカ。イスラム金融機関はリーマンショックでも影響が最小限ですんだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする