トップ >  ニュース >  今週の週刊経済誌ランキング

今週の週刊経済誌ランキング

 今週の1位は「週刊東洋経済」。ここは時に、新鮮な切り口を見せてくれる上に、タイトルに創造性がある。今週号で言えば「貧食」という言葉を使用。 日本も世界でも食がひどいことになってきている現状をレポートしている。

週刊東洋経済 … 貧食の時代
週刊ダイヤモンド … 堕ちた金融
日経ビジネス … クスリの未来
週刊エコノミスト … 今 読む本

 ◆1位 週刊東洋経済 そうか「食」も壊れてきているのか

 「食」をテーマに特集を組んだ。「買い物が困難になり、新型栄養失調に陥る高齢者。不健康な食生活の社会人、そして子どもも――。壊れゆく、わが国の『食』の現実」を「『貧食』の時代」と題してレポートしている。

 「先進国の大人は飽食の末、栄養を摂りすぎているから『少食』化で健康を取り戻そう」という医師らの著作は多いし、最近も南雲吉則医師の著作がベストセラーとなった。そんな飽食の時代に同時並行で進む「貧食」の実態が明らかになる。

 ◆2位 週刊ダイヤモンド 強欲な金融業界だから、当然「強欲は善」

 国内大手証券による増資インサイダー事件、英銀バークレイズのLIBOR不正操作。同時期に起こった金融界を揺るがす大事件と金融業界にはびこるモラルの無さを、「堕ちた金融」として特集している。

 公平性を歪めた行為だが、何より恐ろしいのは、ムラの外にいるとまったくわからないが、ムラの中では誰もが知る常識だったということ。かつて、日本では実業と強く結びついて産業を支えてきた。証券マンはいわゆる相場師、銀行マンは、「活かされるところ生きるところにカネをまわす」ことを生き甲斐にする人も多かったはずだ。もはやノスタルジーか。

 ◆3位 日経ビジネス 隣の芝生(製薬業界)は青く見える?

 編集長が変わってから特集の切り口が好調の日経ビジネスだが、今回の「クスリの未来」はタイトルだけでは何が言いたいのかよく分からなかった。

 有望株とされる医薬品に何か問題でも? しかし、妙に「編集長の視点」を読むと納得。

 ◆4位 週刊エコノミスト 現代は「活字離れ」でなく「活字埋もれ」

 先週は「宗教と経済」。今週は「今読む本 経済と歴史を極める242冊」ときて、どこか文化的だ。

 「現代は歴史の大きな転換点。読書こそが知的武器になる」とある。良書をたくさん列挙しているのだが、では時間をどうやってねん出すればよいのだろうか。同時にそんな特集もしてほしくなる。

 ちなみに今は「活字離れ」の時代ではなく、「活字埋もれ」の時代だと指摘する。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする