トップ >  ニュース >  ロト6、2等当選者が米ドラマ「LOST」の影響で悲惨なことに?

ロト6、2等当選者が米ドラマ「LOST」の影響で悲惨なことに?

 第691回のロト6(9月6日抽選)分で、2等当選金が5万7100円と、3等の33万8700円よりも低額になったが、米テレビドラマ「LOST」に出てきた数字と同じ番号で購入した人が多かったため当選したのではないか、と話題になっている。

 691回の当選番号は(4 7 8 15 16 42 ボーナス23)となっている。当選金額と口数は次のとおり。

1等:13,4131,500円(3口)
2等:57,100円   (3,470口)
3等:338,700円   (702口)
4等:8,000円    (25,913口)
5等:1,000円    (47,943口)

 そして、そのテレビドラマで示された数字は(4 8 15 16 23 42)。実際に3470口も当選が出ている。あと、「7」さえ入っていれば1等当選だった。

 ちなみに、ドラマの中では高額宝くじで1等1億5600万ドルが当選している。さらに、米国でも先例があったようで、同じ数字の組み合わせで購入した人が数多く現れたために、1等の当選金が数万円になったことがあったようだ。
LOST
LOST公式サイトより

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

高利回り実績 No.1 テレビCM放映中!富裕層に人気の投資法>>

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

INFORMATION

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする