トップ >  メイク・マネー >  【月刊闇株新聞】JAL再上場はこう活かすべき

【月刊闇株新聞】JAL再上場はこう活かすべき

もともと儲かる会社だった

 JALは破綻時に各方面に多大な負担を負わせたのですが、再上場に際して政府だけが巨額の利益を得るのは不公平だという議論があります。しかし、政府が投入した公的資金を株式市場の再上場で回収することは、極めて常識的なことです。米国でも2009年6月に経営破たんしたゼネラル・モータース(GM)が2010年11月に早くも再上場し、500億ドルの公的資金を投入した米国政府が回収を始めています。

 JALの場合は破綻時に中途半端な民事再生法ではなく会社更生法とし、前述したような債権カットと徹底的なリストラを行い2000億円以上の営業利益を生み出す「高収益会社」に生まれ変わりました。確かに債権カットで金利・返済負担が大幅に軽くなったことや、累積損失で今後長期にわたって税負担が無くなることもあるのですが、「ちゃんと経営すればもともと儲かる会社」だったことも確かです。

 つまり破綻させて政府がスポンサーとなったので、思い切ったリストラが出来て短時間に劇的な体質改善につながったのです。今回のJAL破綻・再生・再上場のプロセスをみて強く感じたことはまさにこのポイントなのです。

 破綻まで行かなくても日本には業績が不振の企業が数多くあり、それが日本経済や株式市場の不振につながっています。特にかつての優良企業が見る影もなく低落しています。そこを立て直さなくては日本経済の発展はないのです。

 そして世界には今回のJAL再生で政府(企業再生支援機構)が果たした役割を担う民間のファンドがあります。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする