トップ >  ニュース >  今週の週刊経済誌ランキング

今週の週刊経済誌ランキング

 今週の週刊経済誌ランキングの第1位は「日経ビジネス」。お得意の海外もので、2020年には人口で中国を抜くといわれるインドの特集です。日本は出遅れているといわれるインドにどう対応するのか興味が湧くところ。

日経ビジネス … インドで売る
週刊東洋経済 … 読めば若返る!
週刊ダイヤモンド … カメラ劇変!
週刊エコノミスト … 円・ドル・ユーロ 相場が動く

 1位 日経ビジネス 2020年に人口で中国を抜くインド
 中国国内で日系スーパーやら日本車、さらには日本人も襲われるなど、暴徒化するデモ隊に散々な目にあっているなかで「インド」を特集。まさにタイムリーだが、インド進出に「及び腰」の日本企業に「インドを日本企業の『空白地帯』にしてはならない」と発破をかける。

 特集では、インドの「中間層のお宅拝見」と銘打ち、5家族の中間層ライフを現地取材。「日本企業の存在感の薄さが改めて浮かび上がる」意欲的なレポートだ。

 2位 週刊東洋経済 10万円で自分の老化を部位別に知る
 ついに経済週刊誌で「アンチエイジング」特集。その名も「読めば若返る! 男と女のアンチエイジング最前線」だ。多岐にわたってその「最前線」が紹介されている。

 3位 週刊ダイヤモンド アップルやサムスンがカメラの盟主になる日
 生活を変えたスマートフォン。それは写真撮影の時もそうだ。カメラの出番が確実に減少したという人も多いことだろう。そういう風景が「カメラ劇変!」の特集に繋がるのだろう。カメラは日本の家電と同じ道を歩んでいるのか?

 4位 週刊エコノミスト 本当に潮目は変わったのか
 マクロの週刊エコノミストにはタイムリーなチャイナリスク特集でもやってほしいところだったが、今週は「円・ドル・ユーロ 相場が動く」という特集。「ユーロ売りは峠を越え」、「為替、株、商品??相場の潮目が変わった」ところで「動く相場」の今後を専門家各氏が予測する。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする