トップ >  メイク・マネー >  老人が早く死ねば死ぬほど儲かる不動産投資

老人が早く死ねば死ぬほど儲かる不動産投資

年寄りの寿命が損益分岐点

 買った物件は当たりクジかはずれクジかは、老人の寿命にかかっている。それは人の寿命を賭けた不動産投資だからだ。

 ビアジェの投資としての魅力とリスクを、2つの実例を見ながら説明する。

 例1) まずは価格帯として最もよくあるタイプのマンション、売主が60代と若い例だ。「パリ17区バティニョール界隈、65歳女性 39平米の2K 販売価格3万5000ユーロ 毎月600ユーロ 市場価格34万ユーロ」

 このエリアはパリの北西端に位置し、パリにありながら半分田舎のような雰囲気を残しているため、よく「バティニョール村」と呼ばれる。昔ながらの八百屋さんやパン屋さんなどが軒を並べている。元々は中心部から離れた垢抜けない界隈でパリ市内では価格が安かった。しかし近年では急激にこのエリアの開発が進み、そのレトロさが逆に人気を呼び、急激に値上がりしている。

 マンション自体は90年代の建売マンションで、パリらしい趣のある豪華なマンションではないが、簡易キッチンにバストイレ別で水周りは清潔で明るく、若いカップルが投資を始めるのに最適のマンションだ。

 万が一、上記の65歳の女性が68歳で急死をすれば、総支払額は5万6000ユーロ。市場価格は34万ユーロなので、まるで宝くじに当たったようなお買い得物件になる。

 これはうまくいった例で、当然ながらこの逆もある。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする