トップ >  メイク・マネー >  華麗なる一族「松下家」、2代目社長正治氏が残した資産は?

華麗なる一族「松下家」、2代目社長正治氏が残した資産は?

 遺産日本一といわれた松下幸之助が遺した2450億円は、どうなったのか。7月16日に99歳で亡くなったパナソニック(旧松下電器産業)の2代目社長、松下正治氏の社葬が9月13日に行われ、正治氏が受け継いだ莫大な遺産のその後が気にかかる。社名から「松下」が消え、影がうすくなった一族だが、ある社葬参列者は「立派な葬儀で、さすが創業家と感じた」という。松下家は、依然として日本を代表する“華麗なる一族”のようだ。

相続税額854億円


松下正治
松下正治名誉会長の追悼展
 2005年度まで高額納税は公示されたので、1989年4月に94歳でなくなった幸之助の遺産総額が2450億円だったことは広く知られている。歴代トップ。相続税額も854億円と莫大だが、これはブリヂストンの創業家、石橋幹一郎氏の1135億円に次いで2位。幸之助の妻が健在で、配偶者控除があったからだ。

 幸之助の遺産の97%以上が当時の松下グループ株だった。相続当時の松下電器産業(パナソニックの前身)の株価は2300円ほどだから、巨額の遺産になった。

 相続したのは、妻のむめのさん(当時93)、一人娘の幸子さん(同68)、娘婿の正治氏(同77)、そして認知されていた幸之助の“外の子供”4人。松下家は相続税を払うため、相続した株を松下グループに売っている。その額は約930億円だった。

 幸之助の遺産問題では、正治氏に関して忘れてはならない話がある。

認知した子どもの人数と名前を公示された

 正治氏は、遺産が公示された日、大阪・西天満の電子会館内にある記者クラブに緊急会見を要請し、公示制度に対する自らの思いをぶちまけた。

 当時を知る記者はこう振り返る。「正治さんは、プライバシーの侵害はなはだしい日本の高額納税公示制度は間違っている、と怒っていました」。幸之助に多くの愛人がいたことは知られているが、「認知した子の数、その名前までが公示されたことに我慢ならなかったのでしょう」という。“華麗なる一族”らしいエピソードだ。

 正治氏が受け継いだ資産は数百億相当のはずだが、どれくらい残っているのだろうか。

 2011年6月に提出されたパナの有価証券報告書によると、正治氏所有のパナソニック株は959万8000株。正治氏が亡くなった翌日、7月17日のパナの株価は540円。幸之助時代のおよそ4分の1ではあるが、それでも勝手な単純計算では約53億円になる。2400億円とは比べようもないが、それでも庶民には想像もできない額だ。

 さて、9月13日、リーガロイヤルホテル(大阪市北区)で午後1時から行われた正治氏の社葬には、公表1800人、社員などを含めると2200人が参列したという。松下政経塾出身である野田佳彦首相が駆けつけたことが目を引いた。キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長ら政財界の有名人が列席し、すべての参列者の献花が終わったのは夕方近かった。

 パナの役員OBは「“松下家”の威光が久しぶりに輝いた1日だった」としみじみ話す。改めて計算してみても、松下家の資産はまだまだ大きく、“華麗なる一族”であることに変わりはない。

【関連記事】
松下正治氏、経営の神様の陰になった人生
松下幸之助の相続資産、三代で20分の1に

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする