トップ >  メイク・マネー >  「裏」で数億円稼いだ有名哲学者の投資法

「裏」で数億円稼いだ有名哲学者の投資法

 フランスでニーチェなどの哲学研究で第一人者としても知られる御年69歳の哲学博士B氏。また同時にパリの一等地に6軒のマンションを所有し、30年間で8倍にしたものもあるなど、数億円の上がりを得ているほどの投資の腕前の持ち主でもある。パリの不動産投資での儲け方をここで披露する。

本業の裏で荒稼ぎする「おじいちゃん」



 フランス随一の高等師範学校ENS(エコール・ノルマル・シュペリウール)の哲学の博士でありながら、ニーチェやスピノザの第一人者として多くの著書を持つ御年69歳のB氏。TVやラジオにも頻繁の出演し劇作家としても活躍。その発言はフランスで政治的影響力も持つ。しかしこれは「おじいちゃん」の表の顔だ。

 裏の顔は、プロ顔負けの不動産投資家。B氏がパリ不動産で利益を出す3つの哲学を特別に公開した。

哲学1)街の変遷を狙う

 まず8倍になった物件は、B氏が30年前、独身時代にエティエンヌマルセル界隈に購入したマンション。2回に渡る町の変遷に巧く乗った例だ。

購入時 1200ユーロ/平米
30年後 9800ユーロ/平米

 最初の変遷は1970年代。かつてこのエリアは「パリの胃袋」と呼ばれた垢抜けない食品の問屋街だった。早朝から移民の老女がバケツのような鍋にスープを入れて、道端で労働者に売るような垢抜けない街。

 それが1969年にパリ郊外にRungisという新たな卸問屋街が作られたことで、段々にそちらに問屋街が移り、住民の層が劇的に変化した。

 2回目の変遷は10年ほど前。この界隈はマスコミが多かったため、印刷工場が多く夜遅くまで騒音があった。B氏が所有するマンションの1つの1階にも印刷工場があった。

 しかし、10年ほど前に新聞各社は広い敷地を求めて郊外へと移転。小さな印刷工場はお役目ご免となる。マンションの印刷工場は今では工場があったとは想像も出来ない美しい中庭になっている。

 5年後、10年後の街の変遷を見据えて、場所選びをすることが大事なのだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする