トップ >  メイク・マネー >  カオス化したセレブ小学校「青山学院初等部」

カオス化したセレブ小学校「青山学院初等部」

採点に神の手が?

 「教職員会議が毎回のように荒れて、6時間以上掛かっていることもあったそうです。担任替えや、クラブ活動、給食など様々なことに手を付けたと聞いています」と前出のOBは語った。

初等部は各学年「杏、桜、梅、桃」の4クラスに別れ、1クラスあたり30人学級だという。担任教諭は2年間担当することになっていた。だが、この人事がシャッフルされたそうだ。父兄や同窓会などからも大きな反発を招いたという。

 奇妙な噂も出ており、「適性B」というテストの採点で、どんなに急いでも1時間半は掛かると言われるが、ある教諭が仕切るとなぜか30分以内で終わっていたという話も伝わっている。杜撰と言えなくもない採点だが…。

ちなみに適性Bとは、3時間に渡って行動を観察するという初等科独特の試験科目。ペーパーテストがなく、採点基準などは判らないものの、OBは「口利きと金の噂は以前から出ていましたし、特定のクラブ活動や教諭の名前を聞いたこともあります」と話す。

 ペーパー試験がないだけに、様々な憶測を呼ぶことも事実だが、2010年に、第三者による調査委員会の調査が行われた。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする