トップ >  YUCASEE コラムニスト >  世界遺産を巡るお薦めコースと旅の情報 >  写真で届ける世界遺産(南イタリア2、奇妙で寂しげなマテーラの洞窟住居)

写真で届ける世界遺産(南イタリア2、奇妙で寂しげなマテーラの洞窟住居)

MR.世界遺産
MR.世界遺産
世界遺産巡りを趣味とするIT企業の会長です。出張や観光で海外の遺跡を数多く見てきましたが、中世ヨーロッパの石の建造物に魂を揺さぶられるような感動を受けることがあり、今は世界遺産を中心に旅をしています。既に世界遺産936件中、154件を訪問しましたが、うち126件がヨーロッパです。今後も旅を続け、世界遺産の魅力をお伝えできればと思います。

 奇妙で寂しげな世界遺産と言えば南イタリアの「洞窟住居(サッシ)」です。場所はマテーラですが、訪問する拠点となるのはイタリア・ブーツの踵の部分にある都市バーリです。

 駅前のホテルの部屋からの眺めは雨、奥がバーリ駅、手前にはシュロの木が生い茂り南国の雰囲気です。


 バーリ北駅からバーリ・ノルド線という郊外電車に乗り、延々と続くオリーブ畑を見ながら90分でマテーラ駅に到着しました。あまりに雨が強いので、日本から持ってきた折りたたみ傘を諦め、6ユーロで大きな傘を買いました。この判断は大正解で、激しい雨の中でしたが、何枚かの写真を撮ることができました。

 マテーラの繁華街です。このあたりまではイタリアによくある普通の通りです。



 パスコリ広場からは密集した不揃いな洞窟住居が望めます。くすんだ黄土色を映しだすこのパノラマには息をのみました。


 坂を下りていくと街に入いる小道がありました。


 道は入り組んでいて、迷路と迷路がつながるパズルのようです。こんな坂道を下りていくと、

突然渓谷に出てしまって戻れなくなったりします。


 こういう時の目印は13世紀に建てられたドゥーモの尖塔です。この塔を見つければ、迷っていてもまた街の中心まで戻れます。


 ドゥーモの外観はロマネスク様式、中には金をふんだんに使った装飾があるのですが、工事中で残念ながら中には入れませんでした。


 正面にそびえ立つ、ゴツゴツした山のような形は洞窟教会です。雨で川のようになった坂道を下りて、教会をたずねてみました。


 正式名称はサンタ・マリア・デ・イドリス教会。中はひんやりと涼しく、身廊と側廊には見るべきフレスコ画や彫刻がありました。


 洞窟住居は新石器時代に始まるといわれ、8~13世紀に東方から来たキリスト教の修道士が住みついてできたそうです。住居は幾重にも層をなし、密集したところでは、下の家の屋根が上の家の前の通路となっています。

 その後、この地域のスラム化が進み、20世紀には衛生面から洞窟での居住が禁止されましたが、近年その価値が見直され、一部は修復され、市民の住居やホテルとして利用されています。

 しかしながら、なんとも無機質なこの光景はかつての厳しい現実と対面させられます。



 人通りが少なく、何回も滑りそうになり、道にも迷いましたが、無事に駅に戻り、バーリまで帰りつきました。バーリからの日帰りツアーにちょうどいいのですが、雨の日は道がツルツル滑るので、「マテーラ 海路の 日和あり」、できれば天気の日にお出かけ下さい。

 ちなみにマテーラの洞窟住居は1993年に世界遺産に指定されました。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする