トップ >  ニュース >  日本の年金制度は18カ国中17位

日本の年金制度は18カ国中17位

 マーサージャパンは、「グローバル年金指数ランキング(2012年度)」を発表し、日本は18カ国中17位だった。

 この調査は、マーサー、豪州ビクトリア州政府機関のオーストラリア金融研究センター(ACFS)によって開発されたもので、指数自体は40以上の調査項目から構成され作成されている。

 日本の年金制度は小規模ながらも改善し、昨年の43.9点から上昇し、今年は44.4点となったが、順位は14位から17位に低下した。改善内容は、主に確定拠出年金制度の従業員拠出の導入により税制優遇が拡大されたことと、成長資産への投資水準の改善が起因している。

 マーサージャパンの年金・財務リスクコンサルティング部門アソシエイト・コンサルタント、田渕祥之氏は「詳しく指数を見てみると、特に所得代替率(現役世代の年収と年金給付額の比率)と最低年金額が他の対象国に比べて低いことが分かります。これより、アジアの対象国では他の対象国よりも企業年金や個人の貯蓄等の必要性が高く、負担が大きいことが伺えます」 としている。

 また「ランキングの結果が示すように既に十分な制度とは言いがたく、また今後も経済環境や人口構成(年齢、平均寿命、労働人口などの分布)など、刻々と条件が変わるため、年金制度を引き続き改革する必要があるでしょう」と話している。

 日本の制度の年金指数を改善する上で考えられる点は次のようなものがある。
•低所得の年金受給者に対する最低年金額の引き上げ
•年金給付額の引き上げに伴う、所得代替率の改善
•(企業年金などの)老齢給付の一部を年金所得として取得するよう定める規制の導入
•平均寿命の増加に伴い、公的年金制度の支給開始年齢の更なる引き上げ



◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする