トップ >  クオリティライフ >  急増する正義の味方風詐欺

急増する正義の味方風詐欺

 オレオレ詐欺、還付金詐欺など、様々な詐欺が登場している昨今。ちょっと変わったものに、「正義の味方風詐欺」というものがあるそうだ。

探偵業者にも気をつけろ


村田らむ
 「裏仕事師 儲けのからくり」などの著書があり、裏仕事に詳しいライターの村田らむ氏(写真)によると「探偵屋が案外多いんですよ。今は、探偵屋も登録制になっているから、ちゃんとしたところは悪どいことはしないけど、ネットでググッて見るとアヤシイところはまだまだたくさん残っています」という。

 最も多いのが多重債務者を狙ったもの。「複数から借りている借金を1本にまとめます」「他のところは○○円かかりますが、うちは業界最安値で○○円でOK」というようなキャッチフレーズを掲げていることが多いそうだ。

 これだけだと、単なる整理屋や自己破産専門の弁護士のようだが、「正義の味方風詐欺」は、全く別物だ。

 「すごい高い金を取っておいて、『S銀行だと○○円まで貸してくれますよ』という情報を教えるだけなんてものもある。提携とかじゃなくて、ただ教えるだけ。それから、『提携の弁護士に債務整理させますから、借金の返済は代わりに払っておきます』ってお金を預かるんだけど、すごい高い手数料を取っていて、金融会社にはほとんど返済しないというケースもある。一番ひどいのが、『一本化化します。代わりに返しておきますから、最初に○○万円預かっておきます』と言ってお金を受け取って、そのままドロンしてしまうなんていうケース」


 とまあ、悪いことを考える人がいるもの。借金で首が回らなくなり冷静な判断ができなくなっているところに、追い打ちをかけるように正義の味方面をしてやってくるのだ。だが、これだけでは済まされない。

 「しかもこんな業者に騙されるくらいだから、個人情報が流されて、次々悪い奴らがやってくるんですよ。お困りでしょう? って。1度、おかしな業者に弱みを握られてしまったら最後。最終的に自己破産するまで、なんらかの業者がやってくると思って間違いない」

 ちなみに、必ず狙われるジャンルの人というのがいるそうだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする