トップ >  クオリティライフ >  3年で100億稼いだ吉原の「激安王」逮捕に走る衝撃

3年で100億稼いだ吉原の「激安王」逮捕に走る衝撃

 東京・吉原のソープランドで従業員に売春行為をさせたとして、サン・ワールドホールディングスの経営者が警視庁に逮捕された。わずか3年足らずで101億円を売り上げた吉原の寵児はあっさりと警察の壁の前に崩れ去った。経営難が多いこの業界だが、相次ぐ逮捕・摘発に吉原からソープが消えると危惧する声も聞こえてくる。

コストダウンと人材確保で勝ち組に

 東京・吉原で従業員に売春行為をさせたとして、警視庁はソープランド8店舗を経営する「サン・ワールドホールディングス」の経営者ら21人を、売春防止法違反の疑い(場所提供)で逮捕。経営者らは、全店舗合わせて600人以上の女性を働かせ、2009年春以降で、101億円を売り上げていたという。

 親会社をホールディングス化して、子会社である実店舗8店の稼ぎを集めて管理するのだという。「この業界は、今やいかに低コスト化できるかが勝負です。中には女性が備品を一部自腹で賄っているところもあると聞きます」と事情通。一括管理でコストダウン、若い従業員の確保という企業努力もあり、低価格を実現し、行列ができるほどの繁盛店になっていたという。


吉原
江戸時代の吉原の光景(ウィキペディアより)
 事情通は「店はオレンジグループとして、雑誌にもハデに取り上げられていましたし、女性のレベルも高いうえに、1万円台前半と手頃な価格で遊べる店として有名でした。中級店、高級店はあおりをうけていた面はあると思います」と話す。この業界でも価格破壊は進み、4、5万円以上の高級店は、顧客を取られていたようだ。

 しかし、そんな経営努力が予期せぬ「スキ」となったようだ。子会社の店舗から経営権がHD会社に引き継がれたが、店舗は無許可運営ということで内偵捜査を受けていたようだ。100億円という売上の資金の流れがどうなっていたのかは、これからの警察の捜査による解明を待つことになるが、興味深いところではある。

 最大の勝ち組の灯が消えた今、吉原の灯が消えるということになるのか。江戸幕府公認の遊郭として誕生し、以来、日本を代表するソープランド街も事件は大きな衝撃を与えている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする