トップ >  メイク・マネー >  女子大生の75億円などNY不動産に集まる富裕層マネー

女子大生の75億円などNY不動産に集まる富裕層マネー

価格も合理的でボッタクリなし?


One57
One57からの眺望のイメージ画
 実はリーマンショック後のコンドミニアム市場での平均価格推移が、他の全米主要都市が7割減などとなっている中で、マンハッタンだけが10%程度しか下がっていないのだ(S&P調べ)。もちろん、個別の取引で見ればもっと下げいているところもあるのだが、「腐っても鯛」ならぬ「腐ってもマンハッタン」ということなのだろう。

 東京都内のある不動産投資家は「海外不動産で最初に検討した、というか憧れたのがマンハッタンです。価格はバカ高いですが、建物のクオリティはハンパではないですし、あの立地のステータス、それに、マンハッタンのど真ん中で暮らすというライフスタイルも大きな魅力ですよね」と話す。

 海外投資に詳しい専門家は「米国は今後は厳しい税制になっていきますので、富裕層にとっては暮らしにくくなりますが、コンドミニアムなどは米国ではやはり法的にきちっと所有権が守られ、価格形成も合理的ですから資産としては安定しているでしょう。しかし、大幅なキャピタルゲインはあまり望まない方がいいと思います」という。

 もちろん、中国人は海外不動産は投資目的で探すことが多いのだが、移住先を探すことに躍起になっており、米国、豪州など安心できる生活基盤があるだけに居住地として魅力があり、中国人マネーが入ってきていることは価格高騰の大きな要素の一つだろう。

 日本国内の多くの不動産投資家が、昨年3月の東日本大震災、さらにはそれに伴う東京電力福島第一原発事故によって、恐怖を感じた。それが、海外不動産投資や取得に目を向けさせるきっかけを作った。数億円レベルの富裕層では難しいが、数十億円以上の資産規模の富裕層には人気が出るのもうなずける。

 米国は、財政の崖をめぐって、民主・共和両党の交渉が続いているが、富裕層減税の見直しについては、共和党も一定の譲歩姿勢を示しているだけに、今後の富裕層への税制は厳しくなることは確実視される。しかし、それでも法的に安定した米国、さらには経済、文化の中心という刺激的でステータスのある暮らしが約束されるNYは、やはり魅力的で、来年以降もマンハッタンの不動産市場は活況だろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする