トップ >  メイク・マネー >  スカイマーク大富豪社長に「暴行」の汚名が

スカイマーク大富豪社長に「暴行」の汚名が

 職務を忠実に実行したにも関わらず、航空会社スカイマークの経営陣の命令を拒んだために解雇されたのは不当だとして、元機長が会社に損害賠償を求めた訴訟で東京地裁は、元機長に約1900万円の支払いを命じた。それよりももっと痛いのは、西久保眞一社長による機長への暴行が認定され、同時に10万円の支払いを命じられたこと。否定しているものの、立志伝中の人・西久保氏にとって「暴行」は予想外の人生の汚点となった。

機長判断を否定「CA交代できぬ」


西久保愼一氏
西久保愼一氏
 西久保愼一氏と言えば、プロバイダ「マスターネット」をナスダックジャパンに上場させた、IT起業家。その経営手腕を見込まれ、2003年に経営難だったスカイマークに35億円を出資。自身でもパイロット免許を取得し、全国すべての空港に降り立って現地視察するなど精力的な経営を行い、日本を代表するローコストキャリア(LCC)に育て上げた。

 ただ同社は、今年に入ってから、挑発的なサービス姿勢を示した「スカイマークサービスコンセプト」を発表し物議をかもすなど、常に話題には事欠かない。

 さて、時はさかのぼって、2010年2月5日、羽田発福岡着のスカイマーク便。オーストラリア人機長は、客室乗務員(CA)が風邪気味で声が出ないことを確認したため機長判断で、CAの交代をスカイマークに要請。ところが、西久保氏らは交代を拒否し、元機長の乗務も認めらなかった。自宅待機を命じられ、後日、契約(出向扱い)を打ち切られている。

 白石哲裁判長は「機長の乗務可否の判断は正当なもので、最大限尊重されるべきもの。国交省から(スカイマークが)厳重注意を受けたことが正当性を裏付けられる」とした。

 しかも、交代できない理由の一つに「交代要員はいない」というものがあった。結局は自宅で非番のパイロットが出社し、予定時刻を1時間以上も遅れて出発することになった。

 スカイマークは後日、国交省から厳重注意を書面で受けた。ただし、同社にとって良くないのはこれだけではなかった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする