トップ >  メイク・マネー >  関西電力、社員給与16%減も「まだ甘い」の声が

関西電力、社員給与16%減も「まだ甘い」の声が

 関西電力が、来年4月に家庭向け12%弱、企業向けで19%強の値上げを申請し、その実現のために社員の給与を16%削減すると発表したが、関西企業からは「まだ甘い」(繊維30代社員)との声が出ている。平均年収は、削減しても664万円。従業員1000人以上の大企業の平均である約596万円を上回っているからだ。国際競争にさらされている他社には、関電は恵まれていると映るようだ。

「来月の手取りは2割以上減りそうだ」


関電
関電本社(大阪市北区)
 11月26日、給与の削減幅を聞いた関電の40代社員はこうぼやいた。「前年の住民税を翌年払うことを考えると、来年の月々の手取りは、2割以上減りそう。子供が私学の中学に通っているし、住宅ローンもあるのに…」

 2011年度の関電社員の平均年収は790万円だった。いったん膨らんだ生活費を圧縮することは簡単ではない。「家族で支出を減らす相談をしたい」と話す。

 関電のコスト削減計画は、総額約1553億円という。人件費で345億円、燃料費などで486億円、設備関連で66億円、修繕費で287億円、寄付金・広報活動で370億円を削減する。これだけやっても支出額が収入額を上回るため値上げ申請したのに、それでも他社に「甘い」といわれる。なぜか。

 ある電機メーカー社員はこう話す。「たとえばシャープ。約2900人の早期退職、給与カットのほかに、仕事のやり方を根本から見直すためにコンサルに入ってもらって血まなこになっている。関電にそこまでの必死さは感じられない」

 今回関電は、人員計画については定期採用の抑制しか発表していない。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする