トップ >  メイク・マネー >  100億円負けた伝説の相場師に残る2つの闘い

100億円負けた伝説の相場師に残る2つの闘い

97年の「鉄砲事件」

 寺町さんの生涯を通じて最も重たい病気は、あるいは「相場好き」だったのかもしれない。しかも、負けっぷりが尋常ではないスケールで、数々の発明によって巨額の富を得たが、何百億円を市場に落としただろうか。

 97年に起きた「鉄砲事件」。これは、自動車部品メーカーTDF株を巡って、仕手筋U氏と寺町さんとの間に起きた大きな事件だ。

 U氏が、寺町さんの証券口座から約170万株を購入。だが、その一部を売り抜けて巨額の利益を得た。そして、さらにTDKの株式の価格を上げるために買い増しが必要となるが、その条件として、外資系投資顧問会社から「モンロー」という外国債券の仕組み債を買わされたというのだ。

 ただ、U氏は寺町さんをだまして取引を行い、巨額の利益を得て損失を負わせた。これは刑事事件として立件されたが、それで終わりではない。今も、外資系投資顧問会社との間で今も係争中なのだ。こちらは年内の決着見通し。

 さらに、もう一つの闘いの舞台は、先物取引大手フジフューチャーズだ。これは寺町さんが根っからの相場好きが高じて、同社を買収し自ら筆頭株主兼トップに収まったものだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする