トップ >  ニュース >  「土管」に成り下がるNTT、KDDI、ソフトバンク

「土管」に成り下がるNTT、KDDI、ソフトバンク

 今週の週刊経済誌ランキング1位は「さよなら電話」の特集を組んだ「日経ビジネス」。日本の通信3社は安定しているように見えるが、世界から見ると取り残されているという観点からの特集だ。ハード、ソフトの両方を海外勢に握られ、料金の値下げ競争にまい進しているという危機が迫っている。
 
 ◆1位 日経ビジネス 10年後もiPhone に頼るわけにはいかない
 「通信会社は単なる『土管』に成り下がる危険にさらされている」。第1特集リードの抜粋だが、アップルのIPhone5などのハードとソフトのプラットフォームを、国内通信事業者が持っていないことが大きな問題なのだ。

 まずNTT、KDDI、ソフトバンクの3社のトップインタビューから始まる。もうひとつ注目したいのが、4ページだけ触れている「勃興する新勢力」で、利用者8000万人を突破した無料通話・無料メールアプリ「LINE」だ。

 ◆2位 週刊エコノミスト 結局ユーロはドイツ第4帝国?
 ECB(欧州中央銀行)が9月に発表したOTM(国債購入策)がどのタイミングで実施されるのか、本当に実施されるのか、そのへんのタイミングが見えてくるわけではない。が、今回、松本健一・麗沢大学教授によるコラム「ユーロの行くすえ」と、水野和夫・埼玉大学客員教授による4ページの寄稿「歴史から考える欧州危機 ユーロ危機はリーマン・ショックよりはるかに深刻である理由」が面白かった。

 ◆3位 週刊ダイヤモンド 老後って何?
 老後が不安な人や貯蓄好きの人には定番の企画。「安心の老後に必要な資金と貯蓄戦略」「侮れない老後の出費と賢い使い方」「定年後に入る年金・給料と資産運用」と、読むほどに不安になってくる。今のうちにしっかり働いて、その上で運用すれば良いか?

 ◆4位 週刊東洋経済 保険会社による誌上コンペ! どこがお得か?
 生命保険の緻密な特集だが、タイトルは「損しない!生命保険」。超高齢化社会で変化する保険と背景をデータでまとめている。なかでも「ネット・通販ルートはまだ10%にも達していない」というデータには、なるほど日本の保険外交員の強さを再認識だ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする