トップ >  ニュース >  ノーベル財団が運用難でヘッジファンド積極起用へ

ノーベル財団が運用難でヘッジファンド積極起用へ

 ノーベル賞を運営するノーベル財団は、賞金の原資となる基金の運用で今後はヘッジファンド投資の割合を増やす方針であることが4日、ブルームバーグの報道でわかった。

 ラーク・ハイステン理事が同社のインタビューに答えたもので、「ノーベルは安全な投資をすべきであると言ってきた」とした上で、「これまでのデータを見るかぎり、ローリスクでより高いリターンを得ることができそうだ」と語っている。

 同財団は、受賞者への賞金を今年から減額。スポンサーなどを入れることができないなどの事情はあるが、フトコロの厳しさを物語っている。

 同財団によると、2011年4月で29億7300万スウェーデンクローネ(約368億円)の総資産があった。11年の年間運用リターンはマイナス2.6%だった。

 最近5年間のリターンは、4.7%(07年)、マイナス19.0%(08)、14.4%(09)、5.5%(10)、マイナス2.6%(11)で、不安定なパフォーマンスが続いている。

 現在は、カーライルなどのプライベートエクイティ会社、ヘッジファンド運用会社ではチューダー・インベストメント、DEショー、バイキング・キャピタルなどの著名会社を起用している。今後は他の運用会社の起用も増える可能性がある。

 ちなみに、日本には、ノーベル財団よりも資金力のある稲盛財団の「京都賞」があり、資金は600億円(賞金は5000万円)となっている。
ノーベル
ノーベル財団理事メンバー(同財団より)

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする