トップ >  ニュース >  金を使わない日本の富裕層、3分の1は中小企業経営者

金を使わない日本の富裕層、3分の1は中小企業経営者

 今週の週刊経済誌ランキング1位は、「週刊ダイヤモンド」。ネット通販の世界に大きな波が押し寄せているが、米アマゾンがいつの間にかいろいろな商品を取り扱うようになってきたからだが、ネット通販事情を楽天とアマゾンを対比して特集した。

 ◆1位 週刊ダイヤモンド どちらが消費者のためになる
 2週間前に東洋経済がアマゾンの大特集を掲載したが、今度はダイヤが「楽天VSアマゾン」を特集した。視点は明確で「日本で勝つのはどちらだ!」と題し、両社を対比させることでそれぞれの特徴がよく伝わってくる展開となっている。表紙は巨漢の外人力士VS小兵の日本
人力士の対決だ。

 「客と店がコミュニケーションを図るのが楽天で、客とモノとの間のコストをできるだけ減らそうとするのがアマゾン。アマゾンが消費者にとって便利で、楽天のほうがお店の楽しさがある」(村山らむね氏・通販コンサルタント)の言葉に「その差」が象徴されている。

 ◆2位 日経ビジネス 金を使わない日本の富裕層
 景気の低迷と貧富の格差が急速に進む昨今、富裕層は、個人消費回復の牽引役として期待されてきた。ところが、データで見ると、2000年以降富裕層の財布の紐が特に締まっている現実がある。「日本独特の富裕層の姿を明らかに」し、どうすれば「その消費意欲を高め、企業業績と景気の回復に」つなげられるのかをレポートするもの。

 33.6%と、富裕層最大のシェアを占めるのは中小企業経営者。とくに「ニッチ製造業」に富裕層が多い。「1市場規模が3億円以下で大企業が参入してこない 2類似品のないオリジナル品 3商品が部品でなく完成品」この3つの条件が揃った分野で、人知れず高収益を上げ、地道に資産を蓄積している。

 ◆3位 週刊東洋経済 脆弱な韓国の強さ
 サムスン、LG、ヒュンダイ、日本を代表する企業はいまやこれら韓国企業にやられっぱなしだ。「韓国型成長モデル」への評価は高く、遅れまいとグローバリズム経営に邁進している。凋落する日本とアゲアゲな韓国。「さてこの韓国の強さは本物か?」と分析レポートをまとめた。

 ◆4位 週刊エコノミスト ちょっと早い相続特集?
 「相続」をテーマに特集を組んだ。このネタだと部数がそれなりに伸びるのだろう。同誌読者層の関心事なのかもしれない。いずれにせよ、これらのテーマの旬は1~2月と決まっていたのに、早い時期に特集を組むのは編集部なりの意味があるのだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする