トップ >  メイク・マネー >  米著名ヘッジファンドが苦笑するAKB48の日本国債CM

米著名ヘッジファンドが苦笑するAKB48の日本国債CM

 財務省が個人向け日本国債のテレビCMを流している。国内消費が90%以上の日本国債だが、なぜか一部海外で話題となっているのだ。「日本売り」でも知られる、米著名ヘッジファンドマネージャーのカイル・バス氏が、「ルビコン川を渡る」と発言。いつものポジショントークと見られるが、見過ごすわけにはいかない発言だ。

ルビコン川を渡る日本

 「みんなの想いを、被災地のチカラに」


財務省サイト
AKB48を起用したCM(財務省サイトより)
 被災地でAKB48が復興支援に精力的に取り組む姿が流れる映像。これは日本国債のテレビCMだが、現在、日本で最も訴求力が高いタレントの起用だけに、それなりの注目は集めている。国債のプロモーションに起用されているのは、AKB48以外にも、大相撲の横綱・白鵬関、サッカー日本代表の澤穂希選手、プロ野球横浜DeNAの中畑清監督だ。

 これを「アグレッシブなマーケティング」と評価したのが、米著名ヘッジファンドマネージャーのカイル・バス氏だ。良い意味か悪い意味かは分かりにくいが、少なくとも日本売りを推奨する話題のため、そこまで必死で宣伝しないと売れないという悪い意味だろう。後で紹介する、1500兆円の総資産を持つ日本国民が買い支えるという日本国債の強さのところで出てくる。

 今後の日本国債の行方を「ルビコン川を渡る日本」として、バス氏が11月に米国内で行われた投資家向けカンファレンスで、語ったものだ。

 バス氏と言えば、2007年にサブプライム関連証券の空売りで大きな利益を出したことで知られ、欧州危機ではギリシャ国債のCDSに大きくポジションを取っているともされる。2010年にはジャパン・マクロ・オポチュニティーズ・マスター・ファンドを設定し、日本売りを着々と狙っている。

 ゆかしメディアはこの資料を入手し、内容をもう少し詳しく見てみることにした。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする