トップ >  ニュース >  2013年と2050年の未来予測

2013年と2050年の未来予測

 今週の今年最後の週刊経済誌の発行となるが、ランキング1位は、「週刊東洋経済」。今年の特徴は2050年の未来予測を付けたという点で今までになく斬新で、読んでおかなくてはというい気にさせる。

 ◆1位 週刊東洋経済 2050年の未来予測までする「大予測」
 先週の週刊ダイヤモンドが年末恒例の企画「総予測」を特集したが、今週は東洋経済の番。両社とも中身に差がないように感じるが、今年の場合は、2013年に加え2050年の未来予測も入れたことが新しい。

 2050年の人口、気候、エネルギー、経済の動きなどを数値を基に解説。地球全体でどうなるのかということを一目で理解させてくれる、こういうまとめ方はうまい。しかし、人口は世界の中で減っていくし、生産年齢人口は3500万人も減少するし、地球は暑くなっていくし結局化石燃料がエネルギーの中心だし、2030年代以降は恒常的にマイナス成長だし、あまり良い未来が見えていないのも事実ではあるけれど。

 ◆2位 週刊ダイヤモンド 買ってしまった人のスマホ勉強本
 なぜか年末の忙しいときにスマホの特集。それも64ページにもわたる大企画だ。ただし、スマホ特集ブームはもう去ったのではないか。いくら冬の商戦向けにスマホがガラケーを大きく抜いて主力商品になったとはいえ、もう買うべき人は買ってしまっているのではないか。そう
思った。ただ、読むと得する何らかのネタはある。

 ◆3位 日経ビジネス 海外の人材を採るのも育てるのも下手な国
 今年の変化の一つに人材採用のグローバル化が挙げられる。ただ、成果が出たという例をあまり聞かない。その思い違い3つを次のように説明している。
幻想1「機会を与えれば人は育つ」
幻想2「海外人材ならいつでも採れる」
幻想3「ウチは人材を活かしている」

 ◆4位 週刊エコノミスト 日本経済は予測することだらけ
 特集の最後に作家の半藤一利氏にリーダーシップ論についてインタビューをしているが、この記事はなかなかの読み応え。戦前の2・26事件(昭和11年)から大政翼賛会ができる昭和15年までの状況が現在と非常に似ていることを例にとった話はなるほどと思わせられた。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする