トップ >  メイク・マネー >  政治対策も復活? 自民復活で喜びすぎの関西電力

政治対策も復活? 自民復活で喜びすぎの関西電力

 関西電力の関係者が、自民党政権の復活を「あからさまに喜びすぎだ」(大阪財界関係者)と言われている。原発再稼動が期待できる状況になったからだが、世間の目は甘くない。来春の料金値上げに向けた委員会で、関電に対する批判が多い。賞与をゼロにしても役員の平均年報酬は4100万円で、手厚い企業年金も手付かず。夏の参院選で暗躍を目論む関電関係者がいるなか、「政治対策よりコスト削減に集中し、世間の理解を求めるべきだ」という声が出ている。

「橋下が参院に出たら全力で阻止してやる」


関電
関電本社
 電力会社は、発電所建設地の根回しなどがあるため、政治家と密接につながっている。関電でも昔から、“選挙対策部長”と呼ばれる人材が暗躍。府知事や大阪市長の選挙でも、選挙事務所に出入りする関電関係者の姿が、しばしば見られてきた。

 その実力にかげりが見えたのが、昨年の大阪市長選だった。橋下徹市長誕生を阻止しようと、関電は社を上げて取り組んだもののかなわず、政治対策を行ってきた社員たちはなりをひそめた。だが、今回の衆院選で自民党が大勝すると、来年夏の参院選に向け、明らかな動きを見せるようになってきた。

 「大阪では谷川秀善参院議員が引退を表明しているが、この後任に推す人材が決まっている」「元知事の太田房江さんが後釜をねらっていたが、むずかしい」「橋下(市長)が参院に出るようなことがあっても、全力で阻止する」

 関電社員が、こうした会話を楽しげにするようになってきた。

 だが世間の目は厳しい。春の電力料金値上げに向け、社員の夏のボーナスをゼロ、役員の年賞与を2年連続でゼロにするなど徹底ぶりをアピールする関電だが、「まだまだ甘い」という声がある。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする