トップ >  ニュース >  200万円振り込め詐欺の手口:竹内謙礼氏

200万円振り込め詐欺の手口:竹内謙礼氏

 「会計天国」「お客の心が読めるメガネ」など多数の著書がある経営コンサルタント、竹内謙礼氏が、自身の家族が「振り込め詐欺」で200万円の被害に遭ったことをブログで公開し、「人から金を騙し取る仕掛けがよく研究されている」「やっている奴らはバカじゃない」として、引っかからない自信がある人でも、被害に遭い、そのショックの大きさは計り知れないことを述べ、警鐘を鳴らしている。

 振り込め詐欺とは全盛期が平成20年で、被害総額は約275億円。その後は警察の取り締まりがキツくなったり、市民の側も警戒するようになったためか、被害額は減少した。翌21年95億円、22年82億円と減少傾向にあった。

 ところが、23年に110億円と増加に転じて、さらには今年11月末時点で昨年を上回る約133億円となっている。これは、単純な手口に引っかかる人は減少したかもしれないが、巧妙な新たな手口が出てきていることを示すものでもある。
 
 竹内氏は「私の認識の甘かったところなんですが、オレオレ詐欺をやっている奴らは、バカじゃないっていうことです」と結論づけているが、竹内氏のブログからその手口を簡単に抜き出してみる。

 12月25日に、70歳になる母親が200万円の被害に遭ったという。しかも、過去に2回の振り込め詐欺電話を見破って被害に遭わなかった、ひじょうに賢明な人にも関わらずだ。ただ、竹内氏は「今思えば、最大のミスがここにあったと思います」という。

 25日午後3時。実家に1本の電話が入る。内容は、兄が電車の中にバッグを忘れた。取引先の携帯電話から電話している(番号非通知)。もしも、家にその連絡がかかってきたら、対応するように依頼してきた。

 10分後、今度は東京駅の拾得物担当と名乗る人物から母に電話が入る。内容はバッグが見つかったが、本人確認のため、名前と住所、勤務先を教えるように言われる。そして、取りに来るように言われる。

 10分後、兄を名乗る者から連絡が入る。駅から連絡があったことを確認し、取りに行くということを伝える。

 10分後、再び兄を名乗る人物が、バッグの中を確認したら、取引先に渡す小切手だけが抜き取られている、と伝える。そして、1日だけ100万円くらい貸してほしいと頼んできた。

 5分後、再び兄を名乗り、200万円の用意を依頼してきた。

 10分後、また兄を名乗り、会議で抜け出せなくなったので、会社の後輩が取りに行かせるので、その人物に渡すよう依頼される。また、会社には内緒だから、お金を入れた封筒を「書類です」といって渡すように依頼してきた。

 そして、実際に待ち合わせた人物に200万円を渡したのだという。

 最後に繰り返すが、竹内氏の母は過去に2度の振り込め詐欺を見破った人物である。それでも被害に遭うほど、現在の手口が巧妙化しているということなのだ。それだけは、本当に知っておいた方が良い。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする