トップ >  メイク・マネー >  いつの間にか「詐欺師天国」になっていた日本

いつの間にか「詐欺師天国」になっていた日本

 「年利50%」「元本保証」などを謳う投資案件。そんなおいしい話を疑いもせず信じる人が本当に多い。今年の11月末時点で被害総額は約162億円にまで増えているが、これは昨年の2倍以上にもなる。なぜ、このようなことが起きているのだろうか?

被害金額は2年前の13倍に

 ありとあらゆる投資詐欺事件が明るみに出ているが、たとえばスポーツ賭博への投資会社「スピーシー」は被害総額は400億円規模になるとの可能性も指摘されている。また、札幌市の歓楽街ススキノで主犯格の男が「マネーロンダリング」していた投資詐欺集団も30億円を集めたとされる。

 警察庁のまとめによると、「金融商品詐欺」は22年(2月から集計)は112件、約7億円。翌23年が773件、約70億円と約10倍に激増。さらに今年に入ってから11月末時点で1748件、約162億円と、とどまるところを知らない。

 その理由の一つに、「人材」の流動化にあるという。犯罪に詳しいフリージャーナリストは「振り込め詐欺とか、オレオレ詐欺と呼ばれていた連中が、こっちに移ってきているからです」と話す。

 一度、詐欺で味をしめた人間は、必ず同じところへ帰ってくる習性がある。特に最近はよく呼ばれる「半グレ」という人種は、緩いソーシャル的なつながりを持ち、プロジェクト単位で、こうした詐欺を働くという。

 また、同じ手口は通用しないために、より習熟化、高度化したスキームを持って、羊の皮をかぶり、われわれ市民の前に表れている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする