トップ >  メイク・マネー >  ポールソンに成り損ねた天才がレジェンド超え

ポールソンに成り損ねた天才がレジェンド超え

 昨年2012年、最も高いリターンを出したヘッジファンドのランキングが、ブルームバーグマーケッツ誌から発表され、1位にはモーゲージ裁定取引のメタキャピタルマネジメントが輝いた。創業者のディーパック・ナルマ氏は、サブプライムローン関連証券の空売りで一世を風靡したジョン・ポールソン氏に先駆けて同じ取引を行ったが、時代の波に乗りきれず挫折。しかし、2008年からは快進撃を始め、4年で500%以上の累計リターンを記録。ポールソンに成り損ねた男が、ポールソンを超えた。

住宅バブル崩壊は読み切っていた

 モーゲージ関連証券を戦略とするヘッジファンドが上位を占め、上位10のうち4つを占めた。特に1位に輝いたメタキャピタルマネジメントは一度、死に絶えるほどの苦境に陥ったが、見事に復活して昨年1年間は37.8%のリターンをたたき出すにいたった。

  社名              12年   11年    戦略
1 メタキャピタルマネジメント  37.8% 23.6%  モーゲージ裁定
2 パインリバーキャピタル    32.9% 4.8%   モーゲージ裁定 
3 CQS              28.9% -10.4% マルチ
4 パインリバーキャピタル    28.0% 7.2%   モーゲージ裁定
5 オデイアセットマネジメント  24.1% -20.3% マクロ 
6 マラソンアセットマネジメント 24.0% -4.2%  モーゲージ裁定
6 アパルーサマネジメント    24.0% -3.5%  マルチ
8 BTGパクチュアル      23.1% 3.4%   マクロ
9 サードポイント        22.1% -2.3%  マルチ
10 オメガアドバイザーズ     21.7% -1.4%  LS
※2、4位は同会社の別ファンド

 2000年以降の米国の住宅バブルで、ハイリスクなモーゲージ証券が数多く組成された。07年には関連証券の格下げが相次ぎ、投資家が解約に走ったために、ヘッジファンドも売りに迫られて、バブルは崩壊した。その状況を見越してモーゲージ会社などのCDS(債務担保証券)を買いあさっていたのがポールソン氏だった。

 わずか1年間で1兆円以上の利益を出したとされる、史上最大の取引とも言われる。しかし、その陰にはレジェンドになれなかったヘッジファンドマネージャーもいた。それが、メタキャピタルマネジメントのディーパック・ナルマ氏だった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする