トップ >  メイク・マネー >  パナソニック「追い出し部屋」報道はメディアによる復讐劇の狼煙

パナソニック「追い出し部屋」報道はメディアによる復讐劇の狼煙

 2期連続で7000億円超の赤字を計上するパナソニックに対し、メディアが復讐の刃を突きつけ始めた。パナに存在する、社員を自主退職に追いやるための「追い出し部屋」の存在や、責任を取らない前社長(現会長)、前々社長(現相談役)を批判する記事が続出。この10年、広告料で批判記事をねじ伏せてきたパナだが、赤字で広告出稿が減少し、これまでのツケを払わされることになるようだ。

朝日新聞の怨念か

 昨年12月28日、パナ広告部隊は代理店関係者などを集めた恒例の納会を開き、部長職がこう挨拶したという。「当社はご存知のような業績で、広告は減らさざるを得ませんが、どうか石で追うような真似をなさらないでください」。新聞や雑誌関係者は、この発言を白けて聞いたという。長いこと「記事をやめないと広告を止めるぞ」と脅されてきたからだった。

 そして3日後、大晦日の朝日新聞の一面。「働き盛り社内失業」と題した記事で、横浜にあるパナ子会社の「追い出し部屋」の実情が詳らかに報じられた。

 この記事を帰省先で見たパナ子会社の男性社員(50)は、父親から「おまえの会社、大丈夫か」と聞かれた。「事実だけど、ゲーム会社や証券会社などで、古くからやっていたことだよ」と答えたがが、心の中では「人を大切にした松下幸之助の会社に入ったはずなのに」と嘆いた。

 事実を事実として報道するのだから、仕方ないとはいえ、「とくに朝日新聞のパナに対する牙の剥き方には、怨念を感じる」(新聞他社の経済記者)という声も。

 例えば11月中旬の「朝日中学生ウイークリー」のニュースウォッチャー欄。パナとシャープの大赤字について、中学生にわかるようにQ&Aで解説する記事で、円高により韓国のテレビメーカーに勝てなくなったことを指摘しながらも、両社には「10年以上も権力を手放さないで居続けている相談役という肩書きのおじいさんがいる」と批判した。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする