トップ >  メイク・マネー >  関西電力の顧問費用が電気料金に、一人当たり年収1000万円

関西電力の顧問費用が電気料金に、一人当たり年収1000万円

 関西電力の電気料金値上げに関する公聴会(経済産業省主催)で、電気料金の「原価」のいいかげんさが浮き彫りになってきた。有力OBや役人に提供する一時的ポストとなってきた関電顧問の費用が原価に盛り込まれ、一人当たり年平均1000万円も支給されていることが、1月28日の公聴会で明らかになったからだ。関電顧問たちは財界活動にもかかわっているため、顧問料の原価参入が見直されれば、関西財界は影響を受けるかもしれない。

顧問の経費が原価に反映


関西電力本社
関西電力本社
 28日、大阪市内で開かれた公聴会で、料金算定の基準となる原価に含まれる関電顧問14人の年間給与が計1億4000万円であることが明らかになり、騒然となった。

 顧問には、秋山喜久元会長、小林庄一郎元会長など大物OBが名を連ねている。また、役所の天下りを顧問として迎え、一定期間経てから関電の正式役員にすることも恒常化している。そんないわくつきのポストに、一人平均1000万円が支払われ、それが原価に盛り込まれていた。

 公聴会で関電の岩根茂樹副社長は、「経営全般で会社を代表して活動してもらっている」と顧問料を支払う理由を説明したが、真に受ける人はいない。関西の財界事情を知る関係者は、関電顧問は財界活動の人材であることを知っており、その費用が原価参入されていると聞き、「複雑な思いになった」(素材メーカー)と明かす。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする