トップ >  メイク・マネー >  資産運用に、不動産投資をお考えの方へ

資産運用に、不動産投資をお考えの方へ

ウェブサイトで相談・申し込みができる不動産投資ローン

 不動産投資を始めるにあたっては、物件選びと共に、重要な要素は資金調達です。手段としては、金融機関での融資を考える方が大半でしょう。ただ、一般的には、不動産投資ローンの相談や申し込みを行うためには、金融機関の営業時間中に、窓口へ何度か足を運ぶ必要があります。

 しかし、日頃から多忙なビジネスパーソンの方々にとって、「時間」は非常に貴重なものです。ローンの相談や申し込みのために何度も足を運ぶ時間がない、というのが本音でしょう。しかし、自分の都合の良い時間に相談や申し込みができるとしたらどうでしょうか?

 オリックス信託銀行の不動産投資ローンなら、ウェブサイトで相談の入力や事前審査の申し込みを行うことが可能です。お申し込み後のローン審査には、事前審査と本審査がありますが、事前審査はすべてウェブサイトで完結します(本審査では面談が必要です)。

 これなら「忙しくて、銀行に何度も出向いている時間はない」「物件購入のための期限が迫っているために早く方向性を知りたい」「借入可能かどうかの事前審査結果を早く知りたい」という忙しいビジネスパーソンにとって、メリットは大きいでしょう。


専任担当者制でアドバイス

 ウェブサイトから不動産投資ローンの申し込みを受付けると、専任担当者が決まります。

 本審査の際は、正式な借入申し込み手続きのために窓口まで足を運ぶ必要がありますが、簡単な質問等は都合の良い時間に、専任担当者へeメールで問合せ可能です。仕事中で電話には出られないが、eメールで返信して欲しいなど、希望に応じたやりとりが可能です。

 ご購入を希望される不動産が見つかったら、事業計画や物件の詳細をウェブサイトから入力してみてはいかがでしょうか。事業計画や資産状況に合わせた提案やアドバイスを受けることが可能です。




様々な投資スタイルに合わせた相談が可能

 オリックス信託銀行には、投資スタイルに合わせて、2種類の不動産投資ローンがあります。分譲ファミリーマンションへの投資をお考えの方には、「投資用セカンドハウスローン」、一棟アパートへの投資をお考えの方には、「アパートローン」。どちらも融資金額の上限は2億円となっています。また、借入期間は最長35年です。

 さらに、既に所有している首都圏の居住用不動産を担保にして、投資用の不動産を購入したいという方には、不動産活用ローンとして、「ホームエクイティローン『マイホープ』」があります。このように、一人ひとりの投資スタイルに合わせた相談を受けることが可能です。

 オリックス信託銀行の不動産投資ローンは、ウェブサイトから手軽に申し込むことができ、事前審査結果も早いのが特徴(概ね1週間以内)。多忙な方にとっては、ウェブサイトより入力可能なので、まずは気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

≫保証料・団体信用生命保険料ナシ!の不動産投資ローンはこちら


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

取材元:オリックス信託銀行
TEL:東京住宅ローンプラザ:0120-162-094(受付時間:9:00~17:20土日祝休)
   大阪住宅ローンプラザ:0120-094-505(受付時間:9:00~17:20土日祝休)
URL:http://trust.orix.co.jp/personal/property/?id=51660110907
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする