トップ >  メイク・マネー >  日本生命、保有株20%の売却先はETF

日本生命、保有株20%の売却先はETF

2年かけてETFへの売却目指す

 金融機関の評価厳格化の流れから、2012年3月期、財務の健全性を表すソルベンシー・マージン比率(支払い余力)の計算において、株式保有リスクをより厳しく見積もることになった。ソルベンシー・マージン率は200%を超えれば健全とされ、日生の場合565%あるが、計算式の変更により、日生、第一、住友、明治安田の4大生命の中で、最低となった。

 財務を補強するために昨年秋、日生は海外投資家を対象とする劣後債を20億ドル(約1600億円)発行。その劣後債に対するS&Pの格付けは、期待より一段階低くなった。

 レーティングが低いと将来的な資金調達に悪影響を及ぼす。だから、まずは株式保有率を2割は下げなければならない。選別などできないから一律で売る。ただし、市場で一気に売るのでなく、2年かけてETF(上場投資信託)に売却する――。

 日生は、全上場企業約3500社のうち、約700社でトップ10内に名前を出している。うち約300社ではトップ5に入る。総額50兆円もの資産を運用し、そのうち1割強が株という日本最大級の機関投資家である。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする