トップ >  メイク・マネー >  文春スクープ連発の陰で佳境に入る「AKB48喜び組」訴訟

文春スクープ連発の陰で佳境に入る「AKB48喜び組」訴訟

 芸能報道のタブーにもなっているAKB48。芸能マスコミは悪い話題は何があってもほぼ取り上げることはない。週刊文春をのぞいては。独走スクープを飛ばしている同誌が、今年に入ってからも絶好調。丸刈り謝罪が世界に反響を呼んだ、峯岸みなみさんのお泊り、柏木由紀さんの合コン参加と2週連続で「抜いた」。AKB対文芸春秋の戦いの発端となった「喜び組」訴訟が、水面下で3年を迎えて佳境に差し掛かっている。

始まりは3年前の「喜び組」報道


AKB48
 「AKB48は事務所社長の『喜び組』」との衝撃的な見出しで報じた週刊文春の2010年2月18日号(10日発売)。国民的アイドルグループも、その前年の2009年10月に、14弾シングル「RIVER」がオリコンウィークリーで1位を獲得し、ここから国民的アイドルグループへの道を上っていった。その頃の報道だけに、衝撃は大きかった。

 週刊文春の記事内容は、運営会社AKSの窪田康志社長が、立場を利用してメンバーと仕事以上の関係を持っているというもの。固有名詞として挙げられているのが、マリコ様こと篠田麻里子さんで、社長と同じマンション(別部屋)に住んでいたり、社長名義のクレジットカードを所有していたり、しているというもの。また、肉体関係を持ったと証言する「元メンバー」の証言なども掲載されている。

 記事の標的となったAKB48の運営会社AKSが文春を、名誉棄損などで約1億7000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。10年6月1日に第1回口頭弁論がスタートし、その際には全国紙、通信社でも報道されたほどだ。

 だが、その後は、この一件を忘れるくらいにAKBの華々しい活躍もあり、世間の目は注がれていなかったが、水面下では進行していた。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする