トップ >  ニュース >  石田純一ばかりがなぜモテる?

石田純一ばかりがなぜモテる?

 俳優の石田純一さん(55)と、プロ野球元西武の東尾修氏の愛娘でプロゴルファーの東尾理子さん(33)が真剣交際していることが15日、わかった。50歳を過ぎても若い女性にモテモテの石田さん。なぜモテるのか?

 かつて2度結婚。その後も長谷川理恵さん、一般女性らとも数多くの浮名を流してきた石田さん。そして今後は22歳年下の東尾理子さんと今度は交際している。ほぼ途切れることのない女性の影が石田さんの魅力を物語っているようだ。

 石田さんの評判について、TV関係者は「他の芸能人の悪口は言わないし、言われているのも聞いたことがない」というほど。また、劇団俳優など下積みの経験は10年以上もあり、トレンディー俳優としてブレイクするまでに時間がかかったこともあり、周囲への気配りも欠かさないという。

 そして一度は「不倫は文化」発言でニュースキャスター降板の憂き目にも遭った。この時も実際は、芸能リポーターらによって曲解して伝えられた結果だったが、世間からは非難を浴びたが「本人は文句を一切言わなかった」(TV関係者)ために業界からは逆に評価を上げたとも言われる。

 以降も嫌味のないキャラクターでバラエティー、トークなどで活躍の場を多く与えられるようになった。それは、ほとぼりが冷めたら石田さんを助けてやろうという空気があったからだとされる。また、何かとコメントを求められることが多いが、それは来るもの拒まずで、しかも「こちらの意図をくんだ上で、必ず気の利いたコメントをしてくれる」(芸能リポーター)からだという。

 ちなみに、プライベートはイメージとは違って真面目で地味だという。二枚目で優しく、サービス精神旺盛。これでモテないわけがない?

 東尾さんは15日付けの自身のブログで「私東尾理子は石田純一さんと真剣にお付き合いをさせて頂いております。ここ最近ゴルファーとして成績が出せず、落ち込みそうになる時もありますが、石田さんの人生や仕事に対する前向きな姿を見て、とても刺激を受け、更に頑張ろうという気持ちになっています。これからも応援をよろしくお願い致します」などと書かれていた。石田さんとの幸せそうな感じが文面ににじみ出ている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする